足立朝日

掲載:2009年3月5日号
足立ピースフラワー合唱団指揮者
西伊興4丁目在住


 4月に開かれる足立ピースフラワー合唱団の「愛と平和を歌うコンサート」で、組曲「蟹工船」が初お披露目される。
 「蟹工船」といえば、不況下で今の若者たちから支持され、再び注目を集めているプロレタリアート文学だ。合唱団指揮者の丸山さんが、7曲からなる組曲に仕上げた。 (さらに…)
掲載:2009年2月5日号
一歩を踏み出す勇気大切 
シドニー五輪にレスリングフリースタイル63㎏級の代表として出場。今はプロの格闘家として、K―1などに参戦している現役のファイターだ。
 先日念願のジムを北千住に開き、自宅のある松戸から通う。町屋在住の頃、北千住や保木間の温泉などによく通っていたことから、慣れ親しんだ足立区を拠点にした。
(さらに…)
掲載:2009年1月5日号
PTA活動振興功労者文部科学大臣表彰
市村 智 さん(52歳)
教育委員会委員長


 昨年11月20日、皇太子殿下妃殿下、衆・参両議長列席のもと「日本PTA創立60周年記念式典」(主催=社団法人・日本PTA全国協議会)がホテルニューオータニで行われた。
(さらに…)
掲載:2008年12月5日号
日本PTA全国協議会から個人表彰
米重 哲彦 さん(61歳)
島根3丁目在住


 この11月20日、皇太子殿下、妃殿下を迎えて「日本PTA全国協議会60周年記念式典・祝賀会」がホテルニューオータニ(千代田区)で開催され、足立区は教育委員会委員長・市村智さんの文部科学大臣表彰に続き、各PTAや団体が表彰されるという数々の喜びが重なった。 (さらに…)
掲載:2008年11月5日号
医学博士・『医説徒然草』を執筆
小沢 昭司 さん(80歳)
千住一丁目在住

 地元の人なら誰でも知っている小沢内科・胃腸科医院の先生が、本を出していることは、ほとんど知られていないだろう。
  『徒然草』を斬新な視点で分析した随筆『医説徒然草』(朝日新聞社・税抜き1143円)が、昨年発行された。徒然草全243段のうち、医・薬・性に関するものが少なくとも25段あることに着目。 (さらに…)
掲載:2008年9月5日号
鶴田流薩摩琵琶奏者
櫻井 亜木子さん(32歳)
古千谷本町在住

 琵琶といえば平家物語が思い浮かぶ人は多いだろう。平家落人の里・日光市湯西川温泉で、琵琶語りを聴かせている。3月に氷瀑の舞台で行う幻想的な演奏は、気温マイナス15℃の過酷さだが、「平家の魂を鎮める歌を観光客に聴いてもらって、何かを感じてもらえれば」と、事もなげに笑う。 (さらに…)
掲載:2008年8月5日号
足立区姉妹都市専門員
Nicholas Redmanさん(27歳)
梅島在住

足立区とオーストラリアのベルモント市を結ぶ第九代足立区姉妹都市専門員として、観光交流課で働くニコラス・レッドマンさん。 (さらに…)
掲載:2008年7月5日号
壁面・屋上緑化メーカー(株)サンオウ社長
市川 文胤さん(65歳)
綾瀬六丁目在住

 区役所南館の南側壁面を、緑の葉が少しずつ覆い始めている。その緑化工事を行ったのが(株)サンオウ。「1年で真っ青にできる」と市川社長は豪語する。これまで弥生小、綾瀬小などの壁面緑化も手がけてきた。 (さらに…)
掲載:2008年6月5日号
鴨下一郎環境大臣夫人
鴨下 令子さん(56歳)
青井六丁目在住
あるときは、ご主人の鴨下一郎環境大臣と一緒に晩餐会へ、あるときは「ひまわり介護会」、「アリス」など福祉団体のボランティア活動に奔走し、多忙な日々を送る、令子さん。 (さらに…)
掲載:2008年5月5日号
獨協大学 東京女子大学 武蔵大学
非常勤講師
斉藤 善久さん(62歳)
六月一丁目在住

 実体験を元に33の事例を挙げ、理屈や体裁、固定観念からしばられた「かたい頭」から、「やわらか頭」への変身を手助けする本「ひらめきのマジック」を自費出版した斉藤善久(さいとうぜんきゅう)さん。 (さらに…)
掲載:2008年4月5日号
東京都トラック協会足立支部
福本勝由 支部長(66歳)
入谷七丁目在住

 東京都トラック協会は、各区に1支部を持ち、八丈島を含む26支部が物流に携わる。都全体では約4000社が所属し、そのうち足立支部には307社が名を連ねる。その代表を務めるのは、福本勝由支部長。 (さらに…)
掲載:2008年3月5日号
スチューデントコンサートに出演
ピアニスト 白石 光隆さん(43歳)
サックス奏者 田中 靖人さん(43歳)

 今年のスチューデントプロデュースコンサートは、日本を代表するピアノとサックスの贅沢な共演。精力的に活動している2人の演奏家が、学生たちの想いに応える。 (さらに…)
掲載:2008年2月5日号
藍綬褒章・旭日小綬章
中川 外行さん(70歳)
竹の塚一丁目在住

 足立区議会議員、東京都議会議員を合わせて30年余務め、現在、伝統文化日本舞踊教室「樹の会」会長をはじめ、17団体の役職をこなす中川外行さん。地域や組織の顔として、超多忙な日々を送る。「前向きに、楽しく、積極的に、折り目正しく、人のために」の5つを信条とし、一時も歩みを止めない活動ぶりが、平成9年の「藍綬褒章」、19年の「旭日小綬章」に結び付いた。前者は「公衆の利益を興した人物」、後者は「国家または公共に対し功労のあった人物」のみが手にできる、いわば「公に尽くした」人間の汗の結晶である。後者では、天皇陛下直々の言葉が、今もはっきりと耳に残っていると言う。 (さらに…)
掲載:2008年1月5日号
足立社会福祉協議会会長
鈴木 恒年さん(71歳)
千住橋戸町在住

 近藤やよい足立区長誕生後、食事は公用車の中でのおにぎりとペットボトルのお茶、という過密スケジュールから開放された鈴木恒年前足立区長。 (さらに…)
掲載:2007年12月5日号
足立区初の女性教育長
齋藤 幸枝さん(59歳)

 この7月13日、足立初の女性教育長が誕生。就任と同時に、怒涛(どとう)のごとく押し寄せた学力テスト問題に直面した齋藤教育長は、度重なる記者会見を経て、「学力向上は必要」という思いを新たにした。 (さらに…)
掲載:2007年11月5日号
雅楽師
東儀 季一郎さん(65歳)
古千谷本町一丁目在住

 藤原家同様、数多くの家系や分家がある東儀家。雅楽師の東儀季一郎さんは、兼氏(かねうじ)から数えて十五代目の当主。独自の方法で雅楽を広めた東儀秀樹さんの家系は、400年前に別れ、久能山東照宮へ入った。 (さらに…)
掲載:2007年10月5日号
社団法人真向法協会 東京足立真向法協会
会長、範士十段
阪本 好雄さん(82歳)
東保木間二丁目在住

 前屈をすれば胸が膝小僧に、開脚をすれば胸が床にピッタリとつく82歳。その体の柔軟さを誇るのは、社団法人「真向法協会」東京足立真向法協会会長・範士十段の阪本好雄さんだ。 (さらに…)
掲載:2007年9月5日号
足立大江戸舞祭実行委員長
高木 裕一さん(54歳)
千寿常東小副校長

 故・古賀政男氏作曲の懐かしい「東京ラプソディ」を、歌手の里アンナさんがパンチの効いた歌声で熱唱する。それに合わせて花纏(まとい)が舞い、3千人の小中高生や大人たちがスピーディな踊りを披露する。毎年、都庁都民広場と都庁通りで開かれる「大江戸舞祭」。都教育委員会、心の東京革命推進協議会(青少年育成協会)などの後援、(財)古賀政男音楽文化振興財団などの特別協力を得て、今年も、9月8日(土)~9日(日)に同会場で開かれる。 (さらに…)
掲載:2007年8月5日号
日本水墨院展「特別賞」全国最長老議員
鈴木 進さん(85歳)
花畑一丁目在住

 この6月に、乃木坂の国立新美術館で開催された「日本水墨院展」で、「特別賞」を受賞した鈴木進さん。淡い砂色に彩られた80号の八ヶ岳の雄姿は圧巻! 名前を聞いて「おや?」と思う読者も多いだろう。 (さらに…)
掲載:2007年7月5日号
第63代足立区議会議長
加藤 和明さん(61歳)
神明二丁目在住

 足立区議会平成19年度第1回臨時会(5月25日)に於いて議長・副議長選挙が行われ、全議員一致で、議長に加藤和明議員、副議長にふちわき啓子議員を選任した。 (さらに…)
掲載:2007年6月5日号
東京未来大学学長・心理学者
多湖 輝さん(81歳)

 年齢を聞いて、その若々しさに驚く。柔軟な思考力を養い、脳を鍛えるトレーニングを記した自著『頭の体操』は、初巻発行から40年を経てなお、多くの人々を惹きつけている。 (さらに…)
掲載:2007年5月5日号
東京都議会議員
日ノ出町在住
三原まさつぐさん(64歳)

 東京都知事選挙と同じく、4月8日に投開票された都議会議員補欠選挙。7選挙区のひとつの足立区は、近藤やよい都議辞職により4氏が立候補。三原将嗣(まさつぐ)氏が3候補を大きく引き離し、次点の約2倍である11万6874票を獲得して都議に返り咲いた。 (さらに…)
掲載:2007年4月5日号
足立区文化団体連合会会長
西新井栄町三丁目在住
渡邊笑玉さん(80歳)
 昨年4月、文化団体連合会の総会で、会長職を前任の大熊蘆蔭氏から引き継いでから1年。渡邊笑玉会長は、大熊前会長時代に副会長として一緒に築き上げてきた体制を崩すことがないように大切にしながら、新しい方向性を模索している。 (さらに…)
掲載:2007年3月5日号
テコンドー世界チャンピオン
東綾瀬一丁目
椿順子さん
 足立区で初のテコンドー指導を展開している「オムスクール」(教室=北千住、綾瀬など)から、昨年、世界チャンピオンが誕生。同スクール代表で、日本国際テコンドー協会師範の厳斗一(オム・トゥイル)さんの片腕として、生徒指導に当たっている黒帯有段者の椿順子さんだ。 (さらに…)
掲載:2007年2月5日号
区剣道連盟会長・錬心会相談役
竹の塚二丁目在住
野中廣司さん(78歳)

 区の中高年や老人が積極的に参加しているスポーツのひとつ、剣道。 足立区剣道連盟会長を10年務める野中廣司さんは、昭和3年生まれの、大変快活な78歳。連盟の会のひとつ「錬心会」の創始者で、現在は相談役。 (さらに…)
掲載:2007年1月5日号
千住名倉「諸接骨・鍼灸院」院長
仙田流「容市樹会」師範
竹の塚一丁目在勤
中村頼子さん(仙田容市樹)
(頼は左が束、右は刀の下に貝)

 名門千住名倉医院の流れを継承する「千住名倉諸接骨・鍼灸院」。その院長は、宝塚スターのように艶やかな中村頼子さん。向島院を経営する名倉四代目の妻でもある。 そもそもカネボウの美容研究員であった中村さんは、美容世界大会にも臨んだ美の追求者。かつてはエステの世界に身を置いたが、東洋医学を学んだことで鍼灸の威力に気付き、この世界へ。学びのプロセスで、目の見えない人々と関わった経験も、その志を高めるきっかけとなった。それと同時に柔道整復師の資格にも挑戦し、合格。接骨・鍼灸22年の確かな腕と、その気さくな人柄が患者から篤い信頼を得ている。 (さらに…)
掲載:2006年12月5日号
足立区婦人学級連絡協議会会長
六月二丁目在住
本間静江さん(84歳)

 「足立区婦人学級連絡協議会50周年感謝の集い」が11月22日、エル・ソフィアホールで行われた。会場には、鈴木恒年区長、内藤博道教育長、荒井智恵子・連合婦人会長、山本美惠子・女性団体連合会長はじめ歴代会長、安藤義雄・史談会会長ら、ゆかりの来賓が来場。本間静江会長らに賞賛と労いの言葉を贈った。 (さらに…)
掲載:2006年11月5日号
不幸な犬猫を救う会
竹の塚在住
多田 和恵さん

 「動物がほんとうに好きなのね。そう言われるとほんとうに腹が立つ」と憤慨する多田さん。
犬や猫の保護活動を始めて、約25年になる。20年前は道に野良犬がたくさんいた。捕獲されそうな犬を車に乗せられる寸前で助けたこともある。「どうしてこんなに不幸な子がたくさんいるんだろうと思った」と当時を振り返る。好きで始めた活動ではない。見て見ぬふりができない、それだけのことだ。 (さらに…)
掲載:2006年10月5日号
足立区女性団体連合会会長
大谷田五丁目在住
山本 美惠子さん

 男女参画プラザ(梅田七丁目Lソフィア内)を事務局に躍進する足立区女性団体連合会。この6月に、乾雅栄さんから山本美惠子さんに会長職が引き継がれた。 (さらに…)
掲載:2006年9月5日号
東京都功労者表彰 ㈲「双葉屋」代表取締役
西新井本町四丁目在住
和島龍蔵さん(69歳)

 昭和24年創業の有限会社「双葉屋」。生涯現役だった先代の啓蔵さんから、平成6年に事業を受け継いで代表取締役に就任した和島社長は、大手の製麺会社がシェアを伸ばす厳しい業界の中で、生き残りをかけて闘う。 (さらに…)
掲載:2006年8月5日号
足立区議会議長・保護司
千住大川町在住
しのはら守宏さん(62歳)

 平成11年に初当選し、住宅政策調査特別委員会委員長、産業経済委員会委員長など9つの委員会を経て、第62代足立区議会議長に就任した「しのはら守宏」氏。議員2期目での議長就任は、あまり例がない。 (さらに…)
掲載:2006年7月5日号
有沢ジム所属・スーパーウェルター級
日本ランキング10位・東洋太平洋4位
川崎タツキさん

 少年院、構成員、薬物依存…波乱の半生を送った川崎タツキさん。昭和47年生まれ、竹の塚出身。 (さらに…)
掲載:2006年6月5日号
チーズコンサルタント
猪股陽子さん
伊興三丁目在住

 伊興在住、約40年の猪股陽子さんは、足立区で唯一のチーズコンサルタント。フランスチーズ協会から、「フランスチーズ鑑評騎士」の称号を与えられ、日本ではNPO法人「チーズプロフェッショナル協会」理事を務める。チーズといえばワイン。JSA認定ワインアドバイザー資格も持ち、チーズとワインの豊かで楽しく健康的な食文化を普及するための企画運営に奔走している。足立区では、区主催の「ワインとチーズ教室」の講師を務める。 (さらに…)
掲載:2006年5月5日号
足立区民生・児童委員協議会
第二合同佐野地区会長
関根 眞教さん
大谷田一丁目在住

 区内一高い保存樹のイチョウを擁する「常善院」。その住職のかたわら、民生・児童委員を務めて38年。佐野地区対委員、都社会福祉協議会評議会理事などを歴任し、現在は民生・児童委員協議会第二合同佐野地区会長を務める。長年の社会福祉活動により昨年11月、瑞宝単光章を受章した。 (さらに…)
掲載:2006年4月5日号
正伝百錬会師範
大沼 昭さん
梅田三丁目在住

 昼休みの区庁舎。受付横のエスカレーターの裏には、ただならぬ雰囲気が立ち込める。ひと気のない暗がりで、黙々と武道の鍛錬に励む3人がいる。区土木部区画整理課補償係・主任主事の大沼昭さん、都市整備部建築審査課の山本眞幹さん、同・永田圭さんだ。 (さらに…)
掲載:2006年3月5日号
北澤商事株式会社 代表取締役社長
北澤 艶子さん
六月二丁目在住

 区内のあちらこちらで目にする「北澤商事」の看板。不動産仲介業として50年間、信頼と実績を重ねてきた会社である。それを一代で築き上げたのが北澤艶子社長。生粋の足立っ子だ。 (さらに…)
掲載:2006年2月5日号
料理研究家・料理教室講師
白谷 美恵子さん
中央本町二丁目在住

 白谷美恵子さんは、20年もの間、ボランティアで毎月1回、料理教室「マミークッキング」を開いている料理研究家。 (さらに…)
掲載:2006年1月5日号
農業
大門じんがんなわ保存会長
増田 精一氏(83歳)
西保木間二丁目在住

 肩書に、「農業」と誇らしげに書かれた名刺を持つ人がいる。長年、区教育委員長、区国際親善協会理事長などを務めた増田精一氏である。現在、自宅周辺の水田を子どもたちに解放し、田植えから収穫までを体験させている。純粋な小学生時代の、思い出のひとつとして記憶してほしいと願う。人が自由に移動する現在、生まれ育った場所だけが故郷ではないという思いから、増田氏は「人生の中に故郷がある」という「地球ふるさと」論者。自身も約5年にわたる海外生活体験と、36カ国の海外訪歴を持つ。 (さらに…)
掲載:2005年12月5日号
日本スポーツ吹矢協会 公認指導員
横田 博文さん(64歳)
柳原一丁目在住

 スポーツ吹矢をご存知だろうか。子どもから高齢者まで誰でも気軽に室内ででき、健康効果が高いと注目を集めているスポーツだ。 (さらに…)
掲載:2005年11月5日号
日本百名山を制覇
石鍋 元章さん(62歳)
六月二丁目在住

 建築設計会社コンクラグループの代表・石鍋元章さんは、精力的な企業人の例に漏れず、本業以外に多くの肩書きを持つ。東京江北ロータリークラブ会長、東京商工会議所足立支部副会長、保護司。趣味の釣りでは奥鬼怒岩魚保存会会員、過去には竹の塚小PTA会長や区青少年委員会長などがある。 (さらに…)
掲載:2005年10月5日号
NPO法人
「ふるさと学舎」専務理事
荒 昌二郎さん(58歳)
花畑六丁目在住

 足立区は文化人の宝庫。その英知と豊富な経験を結集し、行政や地域住民との協働で、日本文化を語れる人材育成と文化の香る地域づくりを目的として03年に設立されたNPO法人「ふるさと学舎」(梅田七丁目)の活動が注目を浴びている。能楽・能面・三曲・日舞・民謡・吟剣・茶道・華道・盆栽・相撲甚句・作法などを、学校、町会、医療・養護施設などのイベントに事業提供。大熊蘆蔭氏(文化団体連合会会長)が理事長を務め、設立当時から共に奔走する1人に、専務理事の荒昌二郎氏がいる。 (さらに…)