足立朝日

掲載:2021年1月5日号
10歳で芸大進学を目指して研鑽

 「心の琴線に触れる」とは、まさしくこのことだろう。箏・地歌三味線演奏家の藤重奈那子さんのたおやかで力強い箏の音色と、張りのある艶っぽい地歌、そして卓越した三味線演奏――和楽器と地歌の魅力を存分に堪能できる至福の時間だ。 (さらに…)
掲載:2020年12月5日号
喜んでもらえることが楽しい

 シャープな動きの中に、心が弾むようなリズムが見え隠れする。ダンスとパントマイムによる独創的な振付は、「楽しむ」ための仕掛けのようだ。 (さらに…)
掲載:2020年11月5日号
「観光地・千住」に人を呼び込みたい

 「北千住」「SENJU」のロゴが入ったTシャツやマグカップ――棚に並んだ数々のグッズに、観光地にいるようなワクワクした気分になる。 (さらに…)
掲載:2020年10月5日号
守りから攻めの商店街活動を (さらに…)
掲載:2020年9月5日号
民謡・津軽三味線に魅せられて

 澄み切ったよく通る声と、凛とした立ち姿――。民謡歌手・小山みつなさんがひとたび歌いだすと、脳裏に日本全国の郷土色豊かな風景が浮かぶ。切なく明るく力強い節回しは、人々に共感と活力を与え、時には母の愛を彷彿とさせる。 (さらに…)