足立朝日

掲載:2020年1月5日号
情熱的な演奏でようやく掴んだ優勝

 「ベルギーで行われていたアドルフ・サックス国際コンクールにおいて足立区出身の齊藤健太さんが優勝」といううれしいニュースが飛び込んできた。同大会は、サクソフォンを発明したアドルフ・サックスの生誕の地であるベルギーで、没後100周年の1994年から始まった同楽器における最も権威のある大会のひとつ。世界各国から3年に一度、毎回300人以上が出場、昨年は10月28日~11月9日に開かれた。 (さらに…)
掲載:2019年12月5日号
便秘症・痔疾患 迷わず受診を

 日本では、今や7人に1人が慢性便秘症に、かつ3人に1人が痔疾患に悩んでいると言われている。いわば、国民的なこの病気に専門的に対応している病院が足立区にもあり、日暮里舎人ライナー「扇大橋」傍、ホテルや婚式場に間違われる瀟洒な建物の「寺田病院」(寺田俊明院長)も、そのひとつである。 (さらに…)
掲載:2019年11月5日号
「諦めないことを教えたい」

 わずか2分半の演技。それを何度も何度も繰り返す。試合は華やかに見えるが、日々の練習は同じことの積み重ねだ。 (さらに…)
掲載:2019年10月5日号
住んで良かったと思える足立区に

 令和元年第1回足立区議会臨時会(6月7日)において、第73代新議長に鹿浜昭氏(自民3期)が選出された。平成23年に初当選後、交通網・都市基盤整備調査特別委員会委員長、区民委員会副委員長などを歴任。新副議長の窪田美幸氏(公明4期)と共に現在、議会運営に力を発揮している。 (さらに…)
掲載:2019年9月5日号
人と人との絆づくりが第一歩

 「会長代行からの横すべりですから……」――。7月31日(水)に開かれた足立区町会・自治会連合会総会で、新会長に選任された羽住さんは、開口一番こう謙遜した。これまで6期10年もの間、会長職を担ってきた有馬康二さんからのバトンタッチだ。 (さらに…)