足立朝日

足立区女子合同チーム「FC ROSSA」 関東大会出場決める

掲載:2012年8月5日号
 足立区の小学生女子合同サッカーチーム「FC ROSSA」(関口政信代表)が、7月15日(日)、16日(月・祝)に行われた「第10回JFA関東ガールズエイト大会」(8人制)の都大会に2年連続で出場、4位となって、8月18日(土)、19日(日)に栃木県那須塩原市で行われる関東大会に都代表として出場する。
 「FC ROSSA」は、足立区及び近隣の少年サッカーチームに所属する選りすぐりの女子11人で構成されている合同チーム。駒沢球技場で行われた「関東ガールズエイト大会」都大会は、全63チームで戦い、上位24チームに入って決勝トーナメントに進んだ。
 決勝トーナメントで「ROSSA」は、2回戦で当たった優勝候補の「バディFC」(世田谷)を3対0で破って会場をアッと言わせ、3回戦も圧勝、準決勝に進んだが、前回優勝の「南大沢FC」に4対1で敗れた。3位決定戦は、押し気味の試合だったが、惜しくもPK戦で敗れた。関口代表は「試合のたびに団結力が増し、すごい試合をした。関東大会は期待できる」と興奮気味に語った。なお、この決勝トーナメントには、足立区から「東加平キッカーズ女子」も残ったが、2回戦で敗退した。
 今回の合同チームは、FCクリアージュロッキー、辰沼SC、中北少年SC、舎人SSS、梅一FCで構成。

写真/関東大会出場を決めた「FC ROSSA」の面々=駒沢球技場で