足立朝日

4月1日㈯、2日㈰花めぐりバス 桜めぐりに出発進行!

掲載:2017年3月5日号
4月1日(土)、2日(日)、足立区観光交流協会の「あだち花季行 花めぐりバス」が行われる。花めぐり手形(缶バッチ)を300円で購入すれば区内の桜の名所を回り放題とあって、ほぼ毎回臨時バスがでるほど大好評。また、花めぐり手形はパンフレットに掲載されている飲食店(24店)で見せれば様々なサービスを受けることが出来る。
今回の花めぐりバスでは、昨年まであった東コースの六木中央公園バス停がなくなった以外、大きなコース変更はない。
 西コースは、西新井大師や都市農業公園などを、東コースは郷土博物館やしょうぶ沼公園を、東西を繋ぐ中央コースは、花畑公園や元渕江公園を走る。「乗り継ぎ所」は、東が六町駅で西が舎人公園北と見沼代親水公園になっている。乗り継いで普段行ったことがない場所へ桜を見に出かけてみては?
乗車には「花めぐり手形(缶バッチ)」が必要で、料金は中学生以上300円。2日間有効で乗り降り自由、当日バス停で購入できるほか、足立区役所南館4階の観光交流協会窓口で3月27日(月)~31日(金)事前購入も可能。運行時間は午前9時~午後4時。20分おきに1本バスが走る。
【問合せ】TEL3880・0039お問い合わせコールあだち

写真上/花めぐりバス=昨年、舎人公園北停留所で
下/バス沿線のオススメグルメが掲載されたパンフレット