足立朝日

都大会で無敗の完全優勝! 小学生女子合同サッカーチーム 「FC ROSSA」

掲載:2013年3月5日号
 足立区の小学生女子合同サッカーチーム「FC ROSSA」(関口政信代表)が、2月23日(土)、24日(日)に、世田谷区の駒沢球技場で行われた「第19回きさらぎ杯東京都少女サッカー大会」の都大会で見事優勝した。しかも、グループリーグから無敗の完全優勝だ。
 ロッサは、足立区の少年チームに所属する女子の合同チーム。メンバーは、舎人SSS、辰沼SC、中北少年SC、FC入谷、東伊興SSS、GROW FC、FC平野から集まった5年生10人、3年生3人。FC西新井Jrの協力も得た。  「きさらぎ杯東京都少女サッカー大会」は、5年生以下の女子小学生の8人制サッカー大会で、昨年12月のブロック予選からスタート。
 ロッサはAブロックに所属、全11チームの総当りリーグ、全50試合という過密スケジュール。少年チームとのスケジュールが合わず、予選は常に人数不足で、3年生の力を借りたりして予選を突破した。 
 都大会本戦は、グループリーグ戦(ABCD)後に決勝トーナメント。Bグループのロッサは、グループリーグ戦で、杉四サッカークラブを7対1、杉並FC戦を13対0、小金井4SC戦を1対0で撃破し、決勝トーナメントに進出。準決勝は、富士見丘アンジェリーナを3対1で下し決勝へ。
 決勝戦は、F.C.エスペランサ女子との戦いになったが、見事5対2で勝ち、グループリーグから無敗の完全優勝を果たした。
▼関口代表の話 ロッサのパスサッカー、全員サッカーが東京を制覇した。今大会は、足立区の少年チームに所属する女子サッカーのレベルの高さをアピール出来たと思う。みんな、将来のなでしこジャパンの卵となることでしょう。

写真/無敗の完全優勝を果たした喜びの「FC ROSSA」の面々。中央が関口代表=駒沢第一球技場で