足立朝日

東部杯争奪ポートボール大会 男子は扇MAXが 女子はフラワーロックスが優勝

掲載:2017年3月5日号
2月5日(日)、辰沼小と六木小の体育館で、足立東部ポートボール連盟(沖山忠敏会長)の「2016年度(第25回)東部杯争奪ポートボール大会」が行われた。男子11、女子10チームが参加し、3ブロックに分かれて熱戦を繰り広げたが、男子は扇MAXが、女子はフラワーロックスが優勝した。
男子は、Aブロック-ブルースカイ、B-扇MAX、C-チーム翔が1位で勝ち上がり、この3チームで決勝リーグとなった。扇MAXとブルースカイの実力が伯仲して熱戦となったが、ディフェンス、スピード、動きの良さで扇がわずかに上回って勝ち、翔も下して2勝を上げ優勝した。
一方女子は、Aブロック-チーム翔、B-フラワーロックス、C-新田が1位で決勝リーグに進出したが、フラワーロックスが安定した力で、チーム翔、新田を破って2勝を上げ優勝した。チーム翔と新田の試合は、翔が新田を突き放した。結果は次の通り。
【男子】①扇MAX②ブルースカイ③チーム翔
<最優秀選手賞>伊藤駿平(扇MAX、扇小6年)
<優秀選手賞>片岡貴海(ブルースカイ、六木小6年)
【女子】①フラワーロックス②チーム翔③新田
<最優秀選手賞>堀田紅羽(フラワーロックス、東渕江小6年)
<優秀選手賞>五十嵐聖夏(チーム翔、荒川区立第四峡田小6年)



男子優勝の扇MAX=辰沼小で


女子優勝のフラワーロックス=六木小で