足立朝日

4月6日(土)、西保木間「昭和の家」 文化財登録記念イベント

掲載:2013年4月5日号
 昭和14年に建てられ、昨年末に国の登録有形文化財に指定された洋館付の和風住宅、西保木間2丁目、平田邸、通称「昭和の家」で、4月6日(土)午前11時(10時半開場)から、記念イベントが行われる(有料、要予約)。
 イベント名は「高瀬舟」。語りと和楽(箏、津軽三味線)の3人の芸人衆「かたりと」が出演する。「かたりと」は、寺社、古民家などで主に公演している。
 演目の「高瀬船」は、足立区千住に一時医院を開いていたことがある森鴎外の作品で、人間の尊厳について問いかけた名作だ。桜の時期が小説背景になっている。
 定員は30人。午後2時からの公演(2500円)は、すでに満席のため、午前11時から「公開リハーサル」を行う。1500円。
 本公演終了後、文化財登録に協力した建築家による屋内、屋外の簡単ツアーも予定。
【交通】竹の塚駅東口から「花畑団地行き」で「西保木間2丁目」下車、すぐ。
予約TEL090・8102・0011、FAX3883・0011昭和の家

写真/「かたりと」の面々