足立朝日

あの町この店

掲載:2017年4月5日号
和食「厨 ほきま亭」
保木間2‐7‐6  TEL3859・5077
HP=「ほきま亭」で検索

ボリューム満点の釜めしと築地直送の刺身が自慢

元渕江公園のすぐ脇にあるのが、来年40周年を迎える和食店「厨ほきま亭」。新潟県のコシヒカリを使った釜めしと、築地から直送の新鮮な天然物の魚介類を使った刺身や寿司が自慢のお店だ。
 種類豊富な釜めしは「海鮮釜めし」(1000円※お刺身か天ぷら付きで1700円)、「鶏ごぼう釜めし」(950円)、「鮭・いくら釜めし」(1000円)など。その他、カキやウナギなどを使った季節の釜めしもある。
 お酒も豊富で、人気は関谷宗明店主(67)が選んだ3種類を楽しめる「日本酒の飲み比べ(澤乃井、八海山、春鹿※時期により入れ替わる)」(980円)。
「約50席あるので、宴会や法事などにもお使いいただけます。ぜひご利用ください」と関谷店主。
※表示価格は全て税別。
★「足立朝日を見た」で4月末まで、手作りの玉子焼きを串に刺した「串玉」をサービス
【営業時間】午前11時半~午後10時半、火曜定休

写真上/「海鮮釜めし(天ぷら付き)」
中/刺身の「三種盛り(マグロ、タイ、ヒラメ)」(900円)


関谷店主(右から2番目)とスタッフの皆さん


【交通】「竹ノ塚駅東口」から、徒歩約10分