足立朝日

学ぶ

掲載:2017年4月5日号
●あだち区民大学塾
①「中世『絵巻物』を読み解く~戦と信仰~」5月14・21・28日(日曜・全3回)、午後2~4時、学びピア。定員30人(抽選)、1500円(3回分・初日に支払う)。講師=大関直人氏(法政大学研究員)。「平治物語絵巻」「一遍上人絵伝」など。5月1日(月)必着 ②「大淵澄夫スケッチ講座『足立の風景スケッチ探訪』」5月9・16・23日(火・全3回)、午後2~4時、学びピア。9日=座学、16日=学びピア近くで街の風景を描く、23日=スケッチと寸評。定員30人(抽選)、1500円(3回分・初日に支払う)。講師=大淵澄夫氏(建築イラストレーター)。4月25日(火)必着。①②ともに申込みは、往復ハガキに、住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「中世絵巻物」か「スケッチ講座」を明記し、〒120-0034千住5-13-5足立区生涯学習センター内「あだち区民大学塾事務局」まで申込む(連名可)。問合せTEL5813・3759(平日午後1~5時)
●第2回芭蕉翁顕彰の集い
 千住は「俳聖」松尾芭蕉「奥の細道」の出発地。現在生涯学習センターにある翁の陶像を宿場通りに移設しようと運動する人たち(足立史談会、千住文化普及会ほか)が2回目の講演会を行う。
【日時】4月22日(土)午後1時~
【場所】千寿本町小学校1階多目的ホール
【講師】柴原保佳氏(写真)=本紙「あだち俳壇」選者、俳誌ホトトギス同人、公益法人日本伝統俳句協会理事
【内容】「俳句生活70年」
【問合せ】TEL3620・9393足立史談会