足立朝日

芭蕉の顔出し看板 北千住駅へ移動!

掲載:2017年8月5日号
 7月20日(木)、足立区観光交流協会は千住5丁目の「学びピア21」1階に置かれていた松尾芭蕉とその弟子・曽良の顔出し看板を、東武線北千住駅改札を入ってすぐ右側に移動した。東武鉄道の職員が昨年末に手作りした車掌の顔出し看板と共に並んで設置されている。
北千住駅は1日の乗降客数が全国的にも多く、「芭蕉旅立ち」の場所が千住であることを知ってもらうのには最適の場所。顔出し看板を設置した直後から、たくさんの親子連れが記念写真を撮影。早くも注目の的だ。北千住駅を利用する時に、記念に1枚写真を撮ってみてはいかが。

写真/東武線北千住駅改札入口に移動した顔出し看板