足立朝日

足立朝日で職場体験 第十二中2年生4人

掲載:2017年8月5日号
第十二中学校(大谷田1‐37‐1、水谷正博校長)2年生の手島大輔くん、千木良魁斗くん、長谷川歩くん、堀内大輝くんの4人が7月4日(火)、5日(水)の2日間、足立朝日で記者体験をした。
 4人が取材したのは、西新井大師で行われていた「風鈴祭り」、ホタルの観察会が続いていた保木間2丁目にある生物園、1 400年前の種子から発芽した古代ハスが咲く花畑8丁目の桑袋ビオトープ公園の3カ所。
取材を終えての感想は「相手を気遣いながら取材をするという思いやりを知りました」(手島くん)、「環境を整えることで生き物たちが自然と集まる公園を目指しているビオトープ公園はとても良い考えだ」(千木良くん)、「今回の体験で知らなかったことがわかり、色々な人とコミュニケーションがとれて、とても良かった」(長谷川くん)、「取材の大変さを学んだ。足立区にはまだ知らないことがたくさんあるので、もっと知って行きたい」(堀内くん)。

写真/大賀ハスについて講師から話を聞く4人=桑袋ビオトープ公園で