足立朝日

大森椿己くんらが優勝 中田杯第2回足立小学生テニス大会

掲載:2017年8月5日号
全国でも珍しい小学生のテニス大会「第2回足立小学生テニス大会」が7月24日(月)、保木間の総合スポーツセンターテニスコートで行われた。
 中田裕康足立区テニス協会会長の名前をとって「中田杯」と名付けられたこの大会、小学生、しかも10歳以下参加というのは東京都でも珍しい。5種目で行われたが、足立区のみならず、葛飾、荒川、北、墨田、板橋、台東、世田谷、川口、草加、八潮、松戸など近隣区・市を含む12地域から71人が参加、熱戦を繰り広げた。
表彰式では、一人一人がチャンピオンスピーチを行い、回れ右をして、詰めかけた両親、祖父母に対して感謝の言葉を述べると、会場は大きな感動に包まれた。
中田会長は「オリンピックに出るような選手は10歳以前からテニスを始めないとだめ。でも、採算が合わない、選手が集まらない、手間がかかるという理由で行われていなかったが、赤字覚悟で始めた。何とか定着させたい」と話した。区テニス協会が主催し、メーカーや区内のテニススクールも協賛。
結果は次の通り。
【ビギナー大会10歳以下男女の部】Aブロック優勝=大森椿己(足立区)、Bブロック優勝=岡本翼(川口市)【ビギナー大会12歳以下男女の部】Aブロック優勝=笹島蒼生(墨田区)、Bブロック優勝=岩佐天翔(足立区)【グリーンボールの部10歳以下男女選抜の部】優勝=田口創梧(足立区)【イエローボール12歳以下】男子の部優勝=二星聖英(足立区)、女子の部優勝=武藤みなみ(足立区)

写真/中田会長の挨拶を聞く小学生たち=総合スポーツセンターテニスコートで