足立朝日

「聖者の行進」を共演! 世界で活躍するトランペッター来訪

掲載:2013年8月5日号
 数々の国際トランペットコンクールで1位を受賞するなど輝かしい実績を持つトランペット奏者フランシスコ・フローレンスさん(31)が来日、7月27日(土)、足立ジュニア吹奏楽団(秋葉謙勇団長、48人)に音楽をプレゼントした。
 フローレンスさんは、南米・ベネズエラ生まれ。2006年イタリアでの国際トランペットコンクールで1位になるなど、世界で名だたる若手トランペッターの一人。
 フローレンスさんが、吹奏楽団(根岸伊智郎さん指揮)が練習する島根小学校音楽室に気さくな格好で現れると、割れんばかりの歓声と拍手。「ここに来られたのはとても幸せ。日本大好き」などと言いながら、ピッコロホルンやコルネット、フリューゲルホルンといった珍しい楽器を使って次々と曲を演奏。また、その使い方や音質を説明する一方、「一番良いのは、歌うこと」と練習法まで伝授した。
 最後は、みんなの中に入って一緒に「聖者の行進」「ブラジル」を演奏。その明るい性格とサービスぶりに生徒たちは大感激だった。
 今回の企画は、ピアノ伴奏を務めた足立区在住のピアニストであり友人の大室晃子さんらの尽力で実現した。

写真/生徒の輪の中に入って演奏するフローレンスさん=島根小音楽室で