足立朝日

区役所から332人が熱い応援 平昌五輪スピードスケート 加藤条治選手

掲載:2018年3月5日号
 2月19日(月)、鹿浜にある一般財団法人博慈会(三瓶広幸理事長)所属の加藤条治選手が、平昌オリンピックの男子500mスピードスケートに出場するということで、区と博慈会が共催して区役所庁舎ホールで「パブリックビューイング」を開催。足立区から平昌まで熱いエールを送ろうと332人が集まった。
 当日は、元日本テレビアナウンサーの小倉淳さんを司会に、解説ゲストにバンクーバー五輪女子パシュート銀メダリストの田畑真紀さん、応援団長に加藤選手とプライベートでも親交があるお笑い芸人安田大サーカスの安田団長が登場。
 結果は34秒83の6位入賞。惜しくもメダルには届かなかったが、最後は全員で頑張った加藤選手に「加藤条治コール」を送った。
 博慈会の三瓶理事長は「一瞬のミスがなければメダルも獲れていたかもしれないが、100%の状態ではない中でよく頑張ったと思う」と加藤選手の活躍をねぎらった。
 加藤選手は、3月6日(火)に区役所を訪れ、近藤区長に報告会を行う。

写真上/レース中は「行けー」「頑張れー」の大応援=区役所で
下/加藤条治選手