足立朝日

全国出場など続々活躍 足立学園中学・高校 柔道、卓球、剣道部

掲載:2018年3月5日号
 足立学園(寺内幹雄校長)の運動部が、全国大会出場を決めるなど、好成績を収めている。
◆高校柔道部
 1月21日(日)、東京都高等学校新人柔道大会個人戦で、5階級のうち3階級を制覇し、3人が全国大会個人戦出場を決めた。また、同28日(日)の団体戦では惜しくも国士舘高校に敗れ準優勝となったが、全国大会への切符を掴んだ。
 第40回全国高等学校柔道選手権大会は3月20(火)、21日(水・祝)、日本武道館で開かれる。
《柔道部 都大会結果》
【団体】準優勝
【個人】▼66㎏優勝=松村士(2年)▼73㎏優勝=川田武史(2年)▼81㎏優勝=押領司隆星(2年)▼無差別2位=吉井拓実(2年)▼60㎏3位=樋口誠二朗(2年)▼60㎏ベスト8入賞=大河原大介(2年)
◆卓球部
 卓球部も全国大会出場を決めた。
 主将の石丸青樹くん(高校2年)と舩山丈二くん(中学3年)が、3月6日(火)~11日(日)の第70回東京卓球選手権大会(東京体育館)に出場する。石丸くんは昨年に続き2年連続、舩山くんは昨年までのカデット(中学1~2年の部)出場から3年連続の出場となる。
 また、石丸くんは2月16日(金)~18日(日)の第57回大阪国際招待卓球選手権大会ジュニアの部にも出場。残念ながら3回戦敗退となったが、善戦した。
◆中学剣道部
 中学剣道部は、1月27日(土)に第十一中で行われた足立区中学校新人剣道大会で活躍。
 団体戦では1回戦から危なげなく勝ち上がり、決勝戦で第十四中を3対2で破って優勝した。
【個人戦】
▼2年男子優勝=荒井順哉▼同3位=田伏晋太郎▼1年男子2位=佐々木寛太
【男子団体戦(2年)優勝】
▼メンバー=酒井佑(先鋒)、高橋優一(次鋒)、津枝丈登(中堅)、國井秀剛(副将)、荒井順哉(大将)、田伏晋太郎(補欠)、本間亘(補欠)

写真上/高校柔道部の選手たち
中/卓球の石丸くん、舩山くん
下/中学剣道部の選手たち