足立朝日

PTA広報紙コンクール 最優秀賞は舎一小と谷中中

掲載:2018年4月5日号
 平成29年度「小学校PTA連合会 第29回広報紙コンクール」「中学校PTA連合会 第25回広報紙コンクール」(足立区立小・中学校PTA連合会主催)の表彰式が、3月8日(木)、区庁舎ホールで開かれた。
 広報紙は各校のPTA広報委員が仕事や家事で忙しい中、時間をやりくりして、取材、編集を行い、年に数回発行している。広報委員は作業が多く敬遠されがちだが、取材を通じて学校の様子などを知ることが出来ることから、保護者と学校・地域の架け橋となる大切な役割を担っている。
 審査は各校から提出された広報紙1部が対象。最優秀賞は舎人第一小学校PTA(皆木香利会長)と谷中中学校PTA(松岡淳会長)が受賞した。
 舎人第一小の広報委員は17人。高橋直美広報委員長は「広報紙を作って、地域の人が学校に関わってくれているのを初めて知った。メンバーが頑張てくれた」と会場に来られなかった仲間を労った。
 谷中中の松岡広報委員長はPTA会長と兼任。「前年から引き継ぎが出来ず、一から作った。お母さん方の思いを記事に書いてもらえた」と、広報委員10人によるあたたかい紙面作りの成果を喜んだ。
 受賞校は次の通り。
【小学校】(応募59校)
▼最優秀賞=舎人第一▼優秀賞=東栗原、弘道、長門、西保木間、東伊興、西新井第一、千寿常東▼奨励賞=弘道第一、鹿浜第一、舎人、綾瀬、栗原、渕江第一、中川北▼特別賞=亀田(食育賞)、足立入谷(同)、梅島(フォトジェニック賞)、梅島第二(安心安全で賞)、北鹿浜(同)

【中学校】(応募31校)
▼最優秀賞=谷中▼優秀賞=千寿桜堤、第五、千寿青葉、入谷南▼奨励賞=伊興、第九、第六▼特別賞=栗島(生徒の笑顔賞)、第十四(モノクロで頑張ったで賞)、第十(七十周年企画賞)、蒲原(バランスが良いで賞)


写真上/舎一小PTA広報委員
下/谷中中PTA広報委員