足立朝日

大賀ハスが間もなく見頃 「堀之内公園周辺」をお散歩

掲載:2018年6月5日号
 6月から8月ごろまで咲く大賀ハス。区内では桑袋ビオトープ公園とともに堀之内公園が名所のひとつだ。今回は「堀之内公園周辺」をお散歩してみよう。

A見事な大賀ハスが咲く公園
 東京都下水道局熊の木ポンプ場の西側にある「足立堀之内公園」(堀之内2-1-1)。この公園には約300㎡のハス池があり、6月~8月にかけて大賀ハスが淡いピンクの可憐な花を咲かせる。
 そもそも大賀ハスは、昭和26年(1951)に千葉市検見川の東京大学厚生農場(現在の東大検見川総合運動場)で、大賀一郎博士らの手により推定2000年前のハスの実が発見され、その花を見事に咲かせることに成功したことから「大賀ハス」と名付けられた。
 堀之内公園の「大賀ハス」は、平成9年(1997)に千葉公園より寄贈・分植され、大切に育てられてきたもの。ハスは早朝から咲き始め、午前中から午後にかけて閉じていくため見に行く時間に注意が必要。
 2000年前に生きていた人たちと同じ「ハスの花」を見ていると思うと、感慨深いものがある。
【問合せ】TEL3880・5314西部公園係
【交通】「北千住駅西口」からはるかぜ11号「堀之内・椿循環」で「堀之内公園前」下車すぐ
B日曜のみの営業?! 隠れ家的なカフェ
 堀之内公園から南東に歩くこと約7分。江北仲通り商店会のある細い道沿いに2年前にオープンしたカフェ「ざまさんち」(江北2-31-13、電話は非公開)がある。毎週第1・2・3の日曜日しか営業していない隠れ家的なお店だ。
 お店を営業しているのは、座間洋平さん(32)と祥代さん(29)夫妻。なぜ日曜日のみの営業なのかを聞くと「普段は別の仕事をしているため」とのこと。洋平さんはコーヒー関係、祥代さんは菓子関係と、いずれ今のお店のみで生活していくために、日々研鑽を積んでいる。
 メニューは「健康」をテーマにしたものが多い。オーガニックの豆を使って淹れたコーヒー、バターや卵を使っていない焼菓子、無添加の食材を使ったケーキなど。健康に気を使う人や小さい子どもがいる人などに大好評。
 その他、長野県の農家から直送されたリンゴを使ったアップルジュースや、今年からの新メニューで登場したコーヒーのかき氷などもある。
 オシャレで落ち着いた雰囲気の店内で、のんびりとした休日を過ごしに訪れてみては?
 最新情報はお店のフェイスブックやインスタグラムをチェック!
【営業時間】第1・2・3日曜日の正午~午後6時(7月~9月は午後2時~7時)
【交通】「北千住駅西口」からはるかぜ6号「鹿浜五丁目団地」行きで「江北四丁目」下車、徒歩約4分
C印刷会社が開発した切り絵キット
 堀之内公園から北へ歩いて行こう。歩くこと約6分、環七通りに出る少し手前にあるのが印刷会社「トラストプリンティング」(堀之内1-22-17、TEL5837・2323)だ。同社は日本の伝統芸能「切り絵」に特化した本格的な切り絵作品「切り絵キット」を開発して、今注目を集めている。
 平成16年に創業した同社は、これまで企業の商品パンフレットの印刷など受け身の仕事をしていたが、これからは積極的に打って出ようと切り絵事業をスタートさせた。この事業は、区の平成27年度ビジネスチャレンジコースにも採択され、益々発展している。
 切り絵はハガキサイズからA4までで、種類は何と現在約100種類もある。様々な絵があるので、初心者から上級者まで楽しめる絵が見つかるはず。値段も単品は380円~、道具付きのスターターキッドの場合は3000円~。
 最近は「出来上がった作品はどうすればいいの?」という声が多く、飾れるようにアクリルフレームも一緒に販売している。現在、インターネットまたは同社(平日午前9時~午後5時)で購入が可能。
 「切り絵は集中力を必要とし、手先を細かに動かすということで、子どもから年配の方まで幅広い人たちにやってもらいたい伝統工芸で、いずれは学校教育の場にも取り入れてもらいたい」と竹村淳社長は話す。HP=http://www.tru-p.co.jp/
★切り絵キットを10人にプレゼント※柄は選べません(プレゼント欄参照)。
【交通】「北千住駅西口」からはるかぜ11号「堀之内・椿循環」で「堀之内北公園入口」下車、徒歩約1分
Dおいしくてリーズナブルなインドレストラン
 堀之内公園から鹿浜橋方面へ約13分歩いた先の環七通り沿いにあるのが、インド・アジアンレストラン&バー「スナカリ」(鹿浜1-13-12プライムハイツ鹿浜101、TEL3897・8577)だ。
 3年前にオープンした同店は、日本語が上手いネパール出身の店長とシェフ3人が日本人向けに少し甘めにアレンジしたカレーを提供している。
 ランチは数種類のセットメニューがあり、人気は8種類のカレーから1種類と、ナンまたはライス、サラダ、ドリンクが付いて750円のAセット。Bセットはこれにチキンティカが付く。辛さは5段階から選べ、ナンまたはライスはお替り自由。
 ディナーも人気はセットメニューだが、チャウミン(ネパール風の焼きそば)やタイのチキンフォーなどアジア各国の料理をはじめ、日本の枝豆までありメニューは豊富だ。インドのビール「キングフィッシャー」を片手に、様々な国の料理を楽しんでみては。辛いものが苦手な子ども向けに、甘いバターチキンをより甘くしたマイルドカレーのお子様セットもあるので家族揃っての外食にもオススメ。
 料理は全てテイクアウトが可能。また、4名からの食べ放題・飲み放題のパーティーコースは2時間3500円。スタンプカードもあり、1回の来店でスタンプ1個、15個貯まるとランチのAセットがサービスになる。
 日本の桜のようなネパールに咲くきれいな花「スナカリ」が店名のレストランへ出かけてみては。
【営業時間】午前11時~午後3時、5時~10時半、年中無休
【交通】「北千住駅西口」からはるかぜ11号「堀之内・椿循環」で「鹿浜交差点」下車、徒歩約1分

写真A/キレイに咲く大賀ハス
B/オシャレな店内
C/切り絵を手に竹村社長
D/人気のランチAセット