足立朝日

下町シンガーソングライター・つっちょさん いじめ防止の絵本付CD、小中学校に寄贈へ 7月24日(火)までクラウドファンディング

掲載:2018年7月5日号
 いじめについて考える歌と絵本を子どもたちに届けたい――。
 千住出身の下町シンガーソングライター・つっちょさんが、いじめのない世界を目指して、インターネットで資金調達するクラウドファンディングに挑戦中だ。
 つっちょさんは身近な人とのふれあいや何気ない日常を綴った歌が人気で、警察署公認防犯ソングなども手掛けている。一方で、高校時代にいじめに遭った経験から生まれた曲「からあげ」とともに、これまで都内の25小中学校でいじめ防止のトーク&ライブを公演している。
 「からあげ」は学校での一人ぼっちの昼食時に、母の作った弁当のからあげに救われたこと、いじめの相手に勇気を出して大声で抵抗したことでいじめが無くなったことなどが、やさしいメロディーに乗せて歌われている。
 今回、新たに猫を主人公にした曲「赤毛のロッソ」を制作。軽やかなミディアムテンポで、猫版の「からあげ」になっている。
 プロジェクトは、この曲に合わせて絵本を作成し、CD付き絵本として2000冊を都内の全小中学校に寄贈するというもの。既に絵本作家により制作が進められている。
「小中学生に、もっと身近に感じてもらえるものをと思って。絵本もあれば喜んでもらえるのでは、と好きな猫を主人公に考えた」とつっちょさん。
 目標金額は300万円。CDと絵本の制作費、学校への送料に使われる。目標金額に関わらず、締切までに集まった金額が活用される。「少しでもいじめについて考えられてもらえるかなと。いじめられている人は勇気を出して、やめろと言ってほしい。ポジティブに動いていいんだ、と思ってもらいたい」と話している。
  ………………
◆クラウドファンディング
【挑戦期間】6月10日(日)~7月24日(火)午後11時59分(45日間)
【挑戦金額】300万円
【支援】3000円~1万円、3万円など(クレジットカード、コンビニ払いなどが可能)
【詳細】「赤毛のロッソ」視聴はこちらで=https://camp-fire.jp/projects/view/79198#menu
◆つっちょのいじめ防止講演会「大人とこどもの暴力について考える」
 つっちょさん主催の講演会が桜花亭で開かれる。協賛は足立区で訪問介護・看護を7事業所展開している㈱福寿が運営する在宅介護・看護のヘルパーステーション「えにし」と、花畑住区センターで活動している結成14年の小学1~6年生のチアダンスグループCHERRY’S。
【日時】7月8日(日)午後2時半(2時開演)
【場所】花畑公園・桜花亭(①竹ノ塚駅東口よりバス「花畑団地行」で「団地入口」下車②綾瀬駅西口よりバス「花畑団地行」で「花畑4丁目」下車)
【内容】つっちょのトーク&ミニLIVE、CHERRY’Sダンスショー、対談=つっちょ×加藤弘将(㈱福寿代表)
【料金】無料
【問合せ】TEL5856・2626えにし事務局

写真上/つっちょさん
下/CD付絵本のイメージ図