足立朝日

スポーツ吹矢協会が 体育協会に加盟

掲載:2018年7月5日号
 足立区スポーツ吹矢協会(小梶正太郎会長、会員400人)が、このほど足立区体育協会の第37団体目の加盟となった。
 スポーツ吹矢は、長さ1・2~1mほどの樹脂製の筒に約20㎝のフィルム製の矢をこめて、それを吹いて飛ばし、的に当てるというスポーツ。20年前に誕生、あっという間に広がり、今や会員数は全国に5万8000人。
 足立区では、10数年前から柳原在住の横田博文氏らが東奔西走して各住区センターで教室が持たれ、同好会が出来て広がった。会員数は、今や都内一を誇る。

写真/梅田センターで行われた足立区スポーツ吹矢大会の様子