足立朝日

あだちの里の祭り 「フェスタ・デ・バンブー」 1000人が来場!

掲載:2018年10月5日号
 あふれる笑顔、笑顔――。9月8日(土)、竹の塚7丁目にある社会福祉法人「あだちの里」で、施設利用者と保護者たちが地域と交流する「フェスタ・デ・バンブー2018」が開かれ、約1000人の参加者で賑わった。
 ホールや戸外では、トランポリン、合唱、リトミック・ダンス、渕江中ジャグリング部のショー、ギャラクシティのサイエンスショー、似顔絵、紙すき体験、フラワーアレンジメント、バザーなど様々なイベントが行われ、各種模擬店も大盛況。  閉会式では、利用者、参加者たちが風船を持って集まり、一斉に空に放ってフィナーレを飾った。

写真/風船が一斉に空へ