足立朝日

弁士ハルキによる 無声映画上映会

掲載:2019年5月5日号
 「アメリカ映画の父」と言われるD・W・グリフィス監督の代表作「東への道」。主演は、無声映画時代を代表する可憐な大女優リリアン・ギッシュ。この名作を人気の女性活動弁士ハルキが、七色の声と歯切れのよい語りで届ける。
 今回は、5月22日(水)から3日間、東京ビッグサイトで行われる「第23回自治体総合フェア」に連動する特別企画として実施される。
【日時】5月19日(日)午前10時半開演
【上映作品】「東への道」1920年アメリカ作品(106分)監督/D・W・グリフィス主演/リリアン・ギッシュ、リチャード・バーセルメス
【活動弁士】ハルキ
【会場】東京芸術センター2階ブルースタジオ(千住1-4-1、北千住駅西口下車、徒歩6分)
【料金】1000円
※全席自由席=東京芸術センター1階エントランスホール券売機にて販売中
【主催&問合せ】東京芸術センターTEL5354・4388

写真上/活動弁士ハルキ