足立朝日

足立区出身の山下杏也加選手 ワールドカップ日本代表に選出

掲載:2019年6月5日号
 足立区青井出身の山下杏也加選手(23)が、女子サッカー日本代表(愛称=なでしこジャパン)のゴールキーパーとして、6月7日(金)~7月7日(日)にフランスで開催される「FIFA女子ワールドカップ」に出場する。
 山下選手は、青井小時代にKSC加平サッカースポーツ少年団や東加平キッカーズで、青井中時代に足立LFCでプレー。村田女史高卒業後の2014年に日テレ・ベレーザに入団した。
 昨シーズンは、所属する日テレ・ベレーザで、なでしこリーグのチーム4連覇、なでしこリーグカップ優勝、皇后杯優勝と国内タイトル三冠達成に貢献するなど大活躍。今シーズンも首位争いをするチームを支えている。日本代表としても、昨年アジアカップで優勝するなど日本を代表するキーパーに成長した。
 4年に1度開催されるワールドカップには初めての出場となる山下選手。クラブで行われた記者会見で「キーパーとしてたくさんボールがくると思うので、なるべくゼロで抑えて、また帰ってきて成長した姿をみんなに見せられるように頑張ります」と意気込みを語った。
 同大会で2大会ぶり2回目の優勝を目指すなでしこジャパン。フジテレビで日本戦全試合生中継されるので、みんなで応援しよう。
【日本代表の放送予定】①対アルゼンチン=6月11日(火)午前0時25分②対スコットランド=14日(金)午後9時49分③対イングランド=20日(木)午前3時50分

写真/山下選手=(C)TOKYO VERDY