足立朝日

大雨の中でも500人の来場! 「JAふれあいまつり」&「足立区農産物共進会」

掲載:2019年7月5日号
 6月22日(土)、中央本町1丁目にあるJA東京スマイル足立支店で「JAふれあいまつり」が開催された。今回は同場所にある「あだち菜の郷」がオープンから2周年ということで、「足立区共進会」と初の同時開催となった。
 当日はイベントの途中から本降りの雨模様。それでも約500人の人たちが訪れ、傘を差しながらも楽しんでいた。
 地場産の新鮮野菜の販売では、ダイコンやジャガイモ、枝豆などが人気で多くの人たちが購入していた。その他、足立区特産の新鮮な小松菜を使った「みそ汁」や「あだち菜うどん」の試食、姉妹都市による物産展も好評だった。
 農産物共進会では、区内農家から野菜や季節の花など約250点が出展され、入選しなかった出展品が当日即売された。入選しなかったものの、いずれも区内農家が作った素晴らしい野菜や花ばかりで、中には高級品とされるツマモノ(料理を引き立てるための葉っぱや枝葉など)もあった。

写真/区内産の新鮮野菜を購入する人たち=JA東京スマイル足立支店で