足立朝日

足立区社会福祉法人連絡会 オリジナルnanacoカードを作成

掲載:2019年8月5日号
 区内社会福祉法人のネットワークで共同課題を実現しよう――との趣旨で、昨年8月に発足した「足立区社会福祉法人連絡会」(近藤常博会長=聖風会理事長)が、7月11日(木)区役所で総会を開いた。
 当日は、同連絡会がセブン&アイホールディングスと連携して、6月末にオリジナルnanacoカードを作成したことが報告された。このカードは、総利用額の0・1%が同会に寄付還元される仕組みで、その寄付金は同会が実施する子ども食堂の食材費などの財源に充てられるという。このカードは、7月11日(木)から区内在住・在勤者にも頒布されている(枚数限定)。
 総会ではさらに、慢性的な人手不足解消のため、10月23日(水)に高齢、障がい、児童の各部門合同の「福祉のしごと相談・面接会」を開催することを決めた。【問合せ】TEL3880・5740社協

写真/オリジナルnanacoカードの普及用ポスター