足立朝日

全国初 「振込詐欺を防げ!」 携帯電話抑止装置が稼働

掲載:2019年8月5日号
 銀行のATM内で電話を掛けさせて大金を振り込ませる悪質な還付金詐欺を防ごうと、7月29日(月)から区内の金融機関の一部で「携帯電話抑止装置」が動き始めた。区が550万円の予算を付けて設置したもので、自治体によるものとしては全国で初のスタート。 
 この装置は、お年寄りなどがATMでかけた携帯電話を「携帯電話圏外」にして使用できなくする「すぐれもの」。詐欺を1件でも減らそうという懸命な努力の一環だ。
 設置された場所や個所数については防犯上の視点から非公表だが、今回は足立成和信金、みずほ銀行の協力を得た無人のATM7カ所。無人のATMはほかに30か所ほどあるため、区ではこれをさらに増やす方針だ。なお、装置から離れた場所からの一般の携帯電話は通常通り使える。