足立朝日

見る聞く

掲載:2019年8月5日号
●「核兵器のない平和な世界をめざして―平和について考える展示会―」
 8月5日(月)~9日(金)・13日(火)~15日(木)午前9時~午後5時(初日は午前11時から、最終日は午後3時半まで)、区役所1階アトリウム。無料。①「原爆・平和・戦争を考える展示会」=パネル展示、映像資料 ▽8日(木)午前11時~午後0時50分「被爆体験の証言と音楽のつどい」=長崎の高校生平和大使経験者による活動報告、被爆者の体験証言、ソプラノ歌手・笹谷信子さんの歌 ②「平和に関する資料展」=学童疎開資料などの展示(9日まで)、他。問合せTEL3880・5821総務部総務課
●「このまちに生きる―第11回 障がい者施設地域交流展示会」
 8月27日(火)~30日(金)午前9時~午後5時(最終日3時半まで)、区役所1階アトリウム、無料。体験コーナー=10時~正午・午後1~3時、くるみボタン作り、さをり織り、かき氷デコ、絵手紙など。毎日先着50人に各施設で作った製品をプレゼント。参加団体=あしなみ、あだちの里、はなさく福祉会、リード・エー。問合せTEL3857・8839葦の会作業所
●昭和初期の歌曲コンサート「からたちの花々」
 8月24日(土)午後6時開演、昭和の家〈平田邸〉(西保木間2-5-10/東武線「竹ノ塚駅」東口より徒歩14分、または東口より東武バス花畑団地行・林松寺経由で西保木間2丁目下車前)。定員50人(抽選)、無料(未就学児不可)。出演=金持亜美(ソプラノ)、目黒知史(バリトン)、松岡あさひ(ピアノ)。築80年の風情ある建物で、日本語の美しさが光る昭和初期の歌曲を聴く。申込みは往復ハガキに住所・氏名・年齢・電話番号・入場希望者数(4名まで)・「昭和の家コンサート」を明記の上、〒120-0034千住1-25-1 東京藝術大学アートリエゾンセンター「昭和の家コンサート」係まで。8月8日(木)必着(ハガキの往信・返信面の62円切手が料金不足の場合は受付不可)。問合せTEL050・5525・2744東京藝術大学アートリエゾンセンター(平日午前11時~午後4時)
●郷土博物館「巨匠の日本画―横山大観から平山郁夫、近現代を彩る名品たち―」
 子ども向けに解りやすい解説や日本画についてのクイズやアドバイスが詰まった特製ワークブックを用意、日本画について親しみ夏休みの学習ができる展覧会。
【日時】9月1日(日)までの午前9時~午後5時(入館は4時半まで)、休館日=8月5日(月)・13日(火)・19日(月)・26日(月)
【場所】足立区郷土博物館(大谷田5‐20‐1/JR「亀有駅」北口から東武バス「八潮駅南口」行「足立郷土博物館」下車徒歩1分、または千代田線「綾瀬駅」から東武バス「六ツ木都住」行「東渕江庭園」下車徒歩4分)
【主な展示資料】横山大観《耀八紘》、平山郁夫《砂漠を行く》、河合玉堂《吹雪》、上村松園《紅葉可里図》、川端龍子《紅葉群禽図》、東山魁夷《緑影》など27点
【料金】200円(中学生、70歳以上、障害者手帳保持者と介護者1人無料)、第2・3土曜無料公開日
【問合せ】TEL3620・9393郷土博物館