足立朝日

作家・丸山英雄さんが 花の切り絵100枚を一挙展示 六町ミュージアム・フローラで

掲載:2019年9月5日号
 元足立成和信金職員で切り絵作家の丸山英雄さん(65)=東保木間在住=が、六町2-5-35のミュージアム・フローラで、9月3日(火)から「切り絵 百花繚乱 丸山英雄作品展」を開いている。色紙大の花の切り絵100枚を展示しているほか、丸山さんの代表作や足立区内の風景などの新作を含め、渾身の展示会になっている。
 丸山さんは、昨年9月まで足立成和信用金庫に勤務するかたわら、独学で切り絵を学び、数々の美人画や風景画を制作。これまで北千住マルイにあるシアター1010ギャラリーなどで10回以上の個展を開催し、その華やかで風流な作品にファンも多い。
 今年3月から堀之内1丁目にある切り絵商品の製造・販売会社「㈲トラストプリンティング」とコラボし、花シリーズ(10種類)のキットの販売を始めるなどの活躍が続いている。
 今回の展示会は、丸山さんにとって、足立成和信金退職後初めて。100種類の花の切り絵(色紙大)がズラリと並ぶ様は壮観。ほかに北千住マルイをバックにしたペデストリアンデッキなどの新作はみものだ。
 なお、9月7日(土)、13日(金)①午前11時~②午後1時~に、現地受付でワークショップを行う。参加費は、材料費込みで1000円。
 丸山さんは「頑張って作りました。ぜひ見に来てください」と話している。
【日時】9月3日(火)~14日(土)=8日(日)、9日(月)は休館=午前11時~午後5時(入館は4時半まで)
【問合せ】TEL3885・7333 六町ミュージアム・フローラ
【交通】つくばエクスプレス「六町駅」下車、徒歩3分。

写真/花の色紙(縮小版)を手に丸山さん