足立朝日

10月6日(日)ハワイアンイベント開催 綾瀬をフラダンスのメッカに!

掲載:2019年10月5日号
 「東京の東の入り口・綾瀬でフラダンスを通して足立の良さを発信し、絆を深めよう!」――という趣旨で、駅前のフラダンス教室がスタッフ総出で参加者を募り、イベントを支える31ものスポンサーを集めて、10月6日(日)都立東綾瀬公園・ハト広場で念願の一大イベントを開催する。
 このイベント、名付けて「第1回 ピリアロハフラフェスティバル2019」。中心になっているのが綾瀬駅前にあるフラダンス教室「カプナヴァイオル」(山中布美代代表、葛飾区小菅4-11)のスタッフや生徒たちだ。
 長年足立区や綾瀬に住んでいる人が多く、区や綾瀬に対する印象は「人情があり、思いやりのある人が多く、離れたくない街」。一方のハワイも「どんな人でも受け入れてくれる人情味あふれる島」。今春、そこに共通点を見い出し、「フラを習っている人、グループを根こそぎ集めよう」ということで人と人をつなげるフラダンスイベントを行うことを決めた。
 「せっかくやるんだから、ハワイの料理やグッズを提供するお店を集めよう」という意見になり、最後は「綾瀬にハワイを持って来よう!」がスローガンになった。
 今回、参加予定の教室(ハウラ)は14、約550人、出店店舗はキッチンカーなど料理関係11店舗、グッズ関係は10店舗。お店は出てのお楽しみだが、料理は、ガーリックシュリンプ、骨付きチキン、ロコモコ、チーズドッグ、石窯ピッツァ、焼肉ピタサンド、マラサダ、パンケーキなど、飲み物は、コナビール、フルーツサワー、パイナップルジュース、レモネード、ハワイアンコーヒー。グッズは、フラ衣装、フラドール、アクセサリー、キーホルダー、Tシャツ、スカート、ポーチ、バッグなど。
《開催要領》
【日時】10月6日(日)午前10時~午後5時
【場所】都立東綾瀬公園・ハト広場(千代田線綾瀬駅東口下車1分)
【内容】フラダンスステージ、ハワイのローカル料理を始めとするフードコーナー、グッズコーナー、ワークショップ
【主催】ピリアロハフラフェス実行委員会
【後援】足立区、足立区観光交流協会、ハワイ州観光局
【問合せ】EメールHP

写真上/こんなステージが綾瀬にやってくる
下/イベントの中心になった「カプナヴァイオル」のメンバー