足立朝日

~食欲の秋・グルメ特集~ お散歩マップ番外編

掲載:2019年11月5日号
 毎回好評を頂いている「お散歩マップ」。今回は、食欲の秋にちなんで、グルメのお店を3店紹介する番外編。
◆六町「風の谷てらす」に野菜料理がおすすめの「ひつじ食堂」オープン
 2日後の11月7日(木)に六町駅前のライフ裏にできる「風の谷てらす」(六町4-6-6)。六町駅前商店会reskの石鍋明夫会長が独立する人のステップアップを応援したいと小商いスペース&地域コミュニティの店舗を作った。その第1号店として中川で2年間「ひつじ食堂」(TEL080・4349・1735)を営んできた松井美智枝さんが同店名で飲食店をオープンさせる。
 地産地や近隣の無農薬野菜をなるべく使い健康を考えた料理が多いが、おススメは野菜をたくさん使ったランチ限定のお弁当。野菜料理や玄米ご飯などが入ったボリューム満点の一品。売り切れ次第終了なので、お早めに。その他、アレルギー対策のためグルテンフリーや乳製品を使わない手作りの焼き菓子などもある。松井さんは子育て中のママさんが多い六町で「今悩んでいる若いママさんたちに来てもらえれば相談相手にもなりますよ。六町のママになれればうれしい」と笑顔で話す。
 オープン記念として11日(月)までの5日間限定で、ランチまたはお弁当を購入すると自家製スイーツのお土産が付いてくる。詳しくはインスタグラムで「ひつじ食堂」と検索。
【営業時間】午前8時~午後7時(休憩あり)、火・水定休(火はマルシェ、水はグリーンズカフェが12月頃から開催予定)
【交通】六町駅から徒歩約5分
◆西新井「グリーンカフェ」のおすすめはチーズフォンデュ
 アリオ西新井そばに、産直野菜がたっぷり食べられるお店「グリーンカフェ&バー」(西新井本町5-1-8、TEL5888・7338)がある。同店の大谷オーナーが仕事の関係で栃木県の農家と親しくなったことがきっかけで誕生したお店だ。野菜は無農薬と減農薬のものを中心に約40種を料理に使う。
 一番人気のメニューは午後5時以降に食べられる「チーズフォンデュ」。同店のチーズフォンデュは、区が6月の食育月間に合わせて開催する「ちょいサラグランプリ」において、昨年はグランプリ、今年は準グランプリを受賞するほどの一品。クラシック、ベーコン&ペッパー、トリュフの3種類のソースから1つを選び、チーズにつける野菜は食べ放題。これにポテトとバケットに手羽先まで付く。値段は1人前1280円(税別)だが、月・火・木なら980円(税別)で食べられてお得だ。
 また、これからの季節には「農家のケールもつ鍋」がおススメ。ケールといえば、抗酸化成分で美容効果や乳製品の2倍のカルシウムがあるなど身体に良いが、独特な苦みがあって敬遠されがち。しかし、もつ鍋に入れることでその苦みが消えておいしく食べられると好評だ。その他、詳しくは同店のインスタグラムをチェック!
【営業時間】カフェ=午前11時~午後10時(水曜は午後5時まで)、バー=午後10時~翌午前3時(金・土・祝前日は翌午前4時まで)、年中無休
【交通】西新井駅から徒歩約8分
◆江北「たいやき117」は地元密着で素材にこだわったたい焼きが自慢
 東京北部病院そばに2年前にオープンした「たいやき117」(江北7-15-7、TEL5837・4139)。同店は地元の人たちから愛され、コミュニティの場所にもなっている。
 同店の「たいやき」は、いわゆる昔ながらの大きくてふわふわなのが特徴。「厳選小倉」(税込160円)は、北海道十勝産の小豆100%を使用した甘さ控えめ。「濃厚カスタード」(同170円)は、コクがあって甘さのバランスが良いと人気。「さくっとチョコ」(同180円)は、大人なビターチョコレートにマイルドなミルクチョコフレークがプラスされ、子どもたちに大好評。「いいな焼き」(同210円)は、食事系のたいやきで、とろけるチーズにマヨコーン、粒マスタード、カイワレ、ハムが入っている。その他、夏にはこしあんホイップクリームが入った「冷やしたいやき」や秋には焼き芋のたいやきなど季節ものもある。
 近所には、10枚以上の注文なら出前もするという三好勝大店主(48)は、店内にユニフォームを飾るほど大の千葉ロッテマリーンズファン。「お土産にもピッタリなので、ぜひ買いに来てください」と笑顔で話す。
 フェイスブックやインスタグラムでは、今日のたいやきの膨れ具合を知ることができるので、ぜひ一度チェックしてみては。
【営業時間】午前10時~午後8時、不定休
【交通】西新井大師西駅から徒歩約10分

写真上/野菜たっぷりのお弁当
中/人気のチーズフォンデュ
下/大きなたいやき