足立朝日

千葉・鋸南町に義援金 区内小・中学校、議員などから

掲載:2019年11月5日号
 台風15号で甚大な被害を受けた千葉県鋸南町に対し、区内から相次いで義援金が贈られている。
 10月24日(木)には、定野司教育長が同町まで出向き、区内小学校や小・中学校校長会、副校長会、教委、青少年委、区職員らからの273万6121円を子供たちの手紙を添えて白石町長に手渡した。また、30日(水)には、鹿浜昭区議会議長が議員からの50万円を持って出向き、青木悦子同町議会議長に手渡した。
 鋸南町には区の校外施設「鋸南自然の家」があり、区と災害協定を結んでいて、区の職員20人余が支援に派遣されている。