足立朝日

足立区冬花 品評展示会 並木さんの ハボタンが 優秀賞

掲載:2020年1月5日号
 昨年12月18日(水)、19日(木)の両日、足立区役所1階区民ロビーで「第49回足立区冬花品評展示会」が行われ、優秀賞に一ツ家3丁目在住の並木一重さんの「ハボタン」が選ばれた。
 並木さんのハボタンはルシールワインという品種で、葉の鮮やかな紫色が特に素晴らしく、枚数やボリュームなども優れた逸品。ルシール系は、比較的新しい品種で高級感を醸し出す葉の光沢が特徴の人気の花だ。出品された作品も品種特性をよく理解し、適切な肥培管理を施したことが伺えた点なども好評価につながった。
 今年は8月以降の平均気温が高く、生産者たちにとって病害虫防除や夏期の暑さ対策に例年以上に気を使わなければいけなかったが、出品された花はいずれも素晴らしく、生産者の技術力の高さが感じられた。
 45点の応募の中から優秀賞1点、優良賞4点、佳作8点の計13点が入賞した。14日には、展示品の販売が行われ、区内で生産された立派な花々に多くの人たちがつめかけた。
 主な入賞者と品名・品種は以下の通り(敬称略)。
▼優秀賞=ハボタン・ルシールワイン、並木一重(一ツ家3丁目)
▼優良賞=①アリッサム・mix、榎本守伸(扇3丁目)②ポインセチア(鉢)・シャスターレッド、西山照代(江北5丁目)③クチナシ、内田宏之(興野2丁目)④金魚草・キャンディートップス、並木一重(一ツ家3丁目)ほか

写真/優秀賞を受賞した並木さんのハボタン