足立朝日

~おすすめグルメ食べ歩き~ お散歩マップ番外編

掲載:2020年2月5日号
 毎回好評を頂いている「お散歩マップ」。今回は「グルメのお店を紹介して!」のご要望に応えて、オープン1年以内の新しいお店で、地元の評判になっているおすすめの飲食店を3店紹介する番外編。
◆幅広い世代に愛される豚カツ「とんかつ たじま」
 西新井大師表参道沿いに昨年8月にオープンした「とんかつ たじま」(西新井1-5-3、TEL3857・5787)。子どもから年配者まで幅広い世代が訪れる西新井大師という場所のため、胃もたれしない軽めでサクサクのカツが評判のお店だ。
 新小岩の有名店「レストランうちだ」で修行した田島俊弘店主(55)は、とんかつ店の2階で数年前まで長年レコード屋「スターミュージック演歌星」を営んでいた田島弘明さんの次男。店内には、「演歌星」に飾られていた西新井大師で歌謡ショーを行った歌手たちのサイン入り提灯が飾られている。
 自慢のカツは、冷めてもおいしいサラダオイルと甘みの強い「特白」というパン粉を使って揚げる。ランチメニューは「とんかつ」(1000円)、「ミックスフライ(A=一口ヒレと唐揚げ、B=一口ヒレと海老フライ、C=白身魚フライと海老フライ)」(各1000円)、「豚生姜焼き」(900円)、「かつ丼」(900円)。これに、ご飯、豚汁、小鉢、お新香が付いてくる。
 この他、特に店主自慢の一品が「特厚とんかつ」(2500円)。300gのボリューム満点の豚カツを、少し生っぽい状態から最後は余熱で仕上げる。技術と経験を生かした料理で、ガッツリと食べたい若者などに人気だ。
※価格は全て税別。
【営業時間】午前11時半~午後2時半、5時~9時、木曜定休
【交通】大師前駅から徒歩約1分
◆食と文化を発信できるコミュニティカフェ「ばしょう菜」
 昨年9月にギャラクシティそばにオープンした「ソーシャルダイニング ばしょう菜」(栗原1-20-4、TEL6879・4530)。地元の食材を使った料理と、1人でもほっと出来る場所や地域コミュニティの場にしたいと吉友安世オーナーが4人の仲間と一緒に始めた。
 おすすめの「ハンバーグと大根ステーキ定食」(900円)は、出汁で煮込んだ大根とハンバーグに照り焼きソースをからめた和風定食。ハンバーグに使う放牧豚の肉は、臭みがなく脂がおいしいのが特徴。これに野菜を使った副菜2種とお味噌汁が付いて、栄養たっぷりでやさしい味付けの一品。
 「今後は曜日や時間でオーナーシェフが変わり、様々な料理や雰囲気が楽しめるようにしたい」と吉友オーナー。現在は、水曜日に東京浅草剣舞会エッジのメンバーが武士や忍者となって、その名も「忍者もんじゃ」(300円~)を振る舞っているのみだが、「将来カフェをやりたい人やお菓子の販売をしたい人がいれば、料理に自信がなくてもフォローしながら一緒にお店をやりましょう」と募集している。
 このほか店内では第2、4木曜に有機野菜の販売をしたり、今後は契約農家との交流で味噌づくりのイベントなど、飲食店としてだけでなく文化体験ができるお店にする予定。「集まる人たちの笑顔あふれる場所にしていきたい」と吉友オーナー。
※価格は全て税別。
【営業時間】午前11時半~午後3時、6時~10時、月・火曜定休
【交通】西新井駅東口から徒歩約5分
◆本場台湾の料理の数々を召し上がれ「カピバラ」
 大谷田団地の裏に、昨年8月に出来た台湾料理の店「カピバラ」(大谷田1-39-1、TEL5856・3018)。中国・江西省出身の徐青オーナー(27)が「自分の好きな台湾料理を知ってもらいたい」とオープンした。
 同店イチオシメニューが「台湾大鶏排」(420円)。台湾で屋台料理の定番の唐揚げだ。もも肉を使ったジューシーな唐揚げは、台湾人も認める本場の味付けで、何より成人男性の手よりも大きいビッグサイズにびっくり! もともと屋台料理なので食べ歩きできるようになっている。ぜひ、かぶりついてこのおいしさを堪能してほしい。そのほか、台湾の家庭料理ともいわれる醤油ベースの豚丼「滷肉飯」(600円)もオススメだ。
 そして台湾といえば、今日本でブームの「タピオカドリンク」。徐オーナーいわく「台湾では普通、ミルクティーに様々なトッピングをする中のひとつがタピオカです。なので、ここでも様々なミルクティーにプラス50円でタピオカ、仙草ゼリ、ナタデココのいずれかがトッピングできるようになっています」と話す。
 かわいい温泉につかったカピバラのロゴが目印の同店は、テイクアウトがメインだが、店内で飲食可能。店内テーブル2席×3、カウンター4席。スタンプを貯めた数によってドリンクが割引きになるスタンプカードもある。
※表示価格は店内で飲食の場合10円増し。
【営業時間】午前11時~午後8時、月曜定休
【交通】亀有駅北口から東武バス八潮駅南口行きで、大谷田一丁目下車徒歩約3分

写真上から1/一口ヒレと海老フライのミックスフライ
2/ズラリと並ぶ歌手のサイン入り提灯
3/人気のハンバーグと大根ステーキ定食
4/吉友オーナー(右)と水曜日に武士の姿でシェフになる岡武蔵さん
5/台湾大鶏排(左)と滷肉飯
6/徐オーナー(左)とスタッフの韓さん