足立朝日

男女とも皿沼が優勝 東部杯争奪第1回U10大会

掲載:2020年3月5日号
 2月11日(火・祝)辰沼小で、同24日(月・休)六木小の体育館で、足立東部ポートボール連盟(佐藤泰祥会長)の「令和1年度(第1回)東部杯争奪U10バスケットボール大会」が行なわれた。男子9チーム(うち3チームは男女混合チーム)、女子6チームが参加し、男子は3ブロック、女子は2ブロックに分かれて熱戦を繰り広げたが、男女とも皿沼アークスの優勝となった。
 男子は、Aブロック=皿沼アークス、B=チーム翔、C=ブルースカイが1位で勝ち上がり、この3チームでの決勝リーグに。その結果、皿沼が翔を30対4、ブルースカイを30対11で破り2勝をあげて優勝。事実上の2、3位決定戦となった翔VSブルースカイは、28対16で翔が勝って2位となった。
 一方女子は、Aブロック=皿沼、B=新田の決勝戦となったが、結局、実力で優る皿沼が26対4で新田を破り、優勝。3位はさつきとなった。 
 結果は次の通り。
【男子】①皿沼アークス②チーム翔③ブルースカイ
【女子】①皿沼②新田③さつき
◆皿沼・利根川靖コーチ(男子指導)の話/予選でかなり厳しい点数で勝ち上がったので、決勝戦の前に喝を入れたところ、力を出して勝てた。
◆皿沼・森山甲介監督(女子指導)の話/4番、5番がかなりの力で活躍し、固いディフェンスで球を奪い、速攻でシュートに持ってくというウチの勝パターンで行けた。

写真上/優勝した皿沼の男子=辰沼小で
下/同女子=六木小で