足立朝日

「まぼろしの千本桜まつり2020」 webバージョン

掲載:2020年5月5日号
 新型コロナウィルス感染防止のため、今年4月初旬に開催予定だった舎人公園「千本桜まつり」が中止になったが、まつりの大きなイベントの一つを主催する足立成和信用金庫では、「舎人公園まぼろしの千本桜まつり2020」webバージョンを立ち上げた。
 同信用金庫が主催するイベントは「地元・ふれあい・しんきん感」と題するもので、同エリアには46社が出展し、区の5大まつりの一つである同さくら祭りを盛り上げる予定だった。
 出展者の中から「せっかく準備してきたのに残念」「祭りのために商品を用意してきたので、何とか区民にウチの会社と商品をPRしたい」などの声が上がった。
 今回製作した「千本桜まつり2020」webバージョンは、足立成和信用金庫のホームページから46社のホームページにつなげるもの。ホームページがない会社については、同信用金庫で1頁分のwebを製作。
 同信用金庫では「多くの会社や飲食店などは、コロナ禍で休業を余儀なくされているだけに、このwebバージョンで少しは元気を取り戻してほしい」と話している。
 webの開設は4月24日(金)からで、半年間見ることができる。
【メモ】問合せは、TEL3882・3246足立成和信用金庫営業推進部。HP