足立朝日

三輪生の二輪草育つ 足立2丁目の 茨城さん宅

掲載:2020年5月5日号
 前月号の東綾瀬小学校そばに咲く二輪草の話に続き、足立2丁目の茨城洋一さん宅に咲く三輪生の二輪草の話。
 普通は、葉の1カ所から2本の花茎が伸びることから「二輪草」と呼ばれるが、茨城さん宅の庭には、1カ所から3輪咲かせた二輪草が2株ある。三輪生のものも3花とも時期をずらして咲くが、写真では最初に開いた花は、すでに萼(花弁)がおちてしまったもの。
 また、萼は普通5枚だが、茨城さん宅の庭には、6枚のものもあるという。