足立朝日

◆読者の声

掲載:2020年5月5日号
 毎月プレゼントの応募の際に、多数の感想・意見をいただきます。4月号に寄せられたものを紹介します。
◆「2月に鍵盤男子のコンサート、行かせていただき、最近、習い始めたピアノを頑張ろうと思いました。有難うございました。足立朝日は、地域活動を発信してくれるので、毎回とても楽しみです。コロナウィルスの影響で、心が折れそうですが……新聞を読むのが一番楽しみ。江北周辺に病院も出来る予定ですね。散歩してみます。我が街足立を誇りに思います」(中央本町、60歳、女性)
◆「お散歩マップが好きです。六木から舎人に続く武蔵野の路・舎人コースを紹介してください」(東和、59歳、女性)
◆「来年度に、東京女子医大が江北4丁目に移転することで周辺もにぎやかになりそうですね。平成公園は、広々として、良さそうですね。行ってみたいと思います」(梅田、67歳、女性)
◆「女子医大の東センターに行っているので、江北に通わなければならなくなりそうです。江北は馴染みがないので知るのに丁度良いです」(足立、57歳、女性)
◆「毎号楽しみにしています。綾瀬駅前と北綾瀬駅周辺の開発に関する記事を興味深く読みました。時々駅を利用する者としても、現状が長引くのはどうかと思っています。より深く突っ込んだ続報を期待します」(大谷田、71歳、男性)
◆「綾瀬の駅前が、空き地になっているとは聞いていましたが、まだ開発が進んでいないのですね。よく行っていた所なので、早く問題が解決して、進んでほしいですね」(梅田、50歳、女性)
◆「地域密着の情報が出ているので、隅から隅まで読んでしまいます。今号は、橋物語が印象深く、ココで生まれ育った私は、祖母がタクシーで帰宅する際に必ず『お化け煙突のところまで』と言っていたのを思い出します」(千住元町、54歳、女性)
◆「毎日、コロナのニュースばかりですが、そのような中で地域で様々取り組みがなされていることを知りました。少しでもなにかできることはないかと考えるきっかけになりました」(新田、49歳、女性)
◆「HPでも記事は読めるのですが、広告を出している会社やイベントを読むのも楽しいので、やっぱり紙の新聞はいいなあと思います」(千住東、58歳、女性)
◆「土地が広い足立区内で開発が進んでいます。それを知るのは貴紙で大変参考になります」(千住東、69歳、男性)
◆「やっと緊急事態宣言が発令されましたが、優柔不断な安倍首相のせいで感染爆発は避けられないと思われます。何ら強制力を持たない宣言のため、街には人があふれています。一般人のコロナウィルスに対する認識の甘さが怖いですね。皆さんも紙面作りは大変でしょうがくれぐれもコロナにはお気をつけください」(千住曙町、69歳、男性)