足立朝日

珍しい ウラシマソウ咲く 足立2丁目 茨城さん宅

掲載:2020年6月5日号
 前号で珍しい三輪生の二輪草が咲く様子を投稿してくれた足立2丁目の茨城洋一さんから、今度は同じ庭に咲いた変わったウラシマソウの写真が届いた。
 茨城さんによると、ウラシマソウは、通常1株から1花茎を出して暗褐色の苞を咲かせるのに、数年前に1株から伸びた花茎が分枝して、2花茎を出してそれぞれに花が咲いている、というもの。「あまり見かけない花の奇形かと思われます。ご参考までに」とのこと。
【メモ】ウラシマソウ/NHK「みんなの園芸」によると、ウラシマソウは本州、四国を中心に、北海道や九州の一部にも分布する球根植物で、主に海岸付近の林床や人里近い林に多く見られる。苞(葉の一種)の中に伸びた付属体の先端部が細く糸状に伸び、その姿を、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てて、この和名があるとされている。
 地下にはサトイモに似た大きな球根があり、春になると芽を伸ばす。やがて10枚前後の葉を傘のように広げ、黒褐色の苞を開く。この苞は「仏炎苞」と呼ばれる。本来の花は、付属体の下につき、成長や栄養の状態によって、雄花から雌花に変化する性転換植物として知られている。

写真上/花茎の途中で分枝して開花している株
下/通常の咲き方をしている株