足立朝日

◆読者の声

掲載:2020年6月5日号
 毎月プレゼント応募の際に多数の感想・意見をいただきます。5月号に寄せられたものを紹介します。
◆「5面コバケンの演奏、2月23日サントリーホールで聴き、エネルギッシュな指揮に酔いしれました。その後コロナでどこも中止になりましたので、思い出深い演奏になりました」(千住河原町、70歳、男性)
◆「地元の青井が見開きで紹介されてうれしいです。人気のバラ『ノックアウト』『つくばエクスプレス』のこと全く知りませんでした。ステキなネーミングですね。またツミの営巣、二輪草育つ、シジュウカラの営巣など自然が与えてくれる話題に心がホッとさせられます」(青井、55歳、女性)
◆「花畑川、中川沿いはサイクリングに利用しているルートです。桜の名所になるといいですね!」(東和、62歳、男性)
◆「この時期にぴったりの青井のバラ園、大好物の和菓子の案内が載っていたのがよかった。桜並木の話も」(西綾瀬、68歳、男性)
◆「まだコロナウィルスが感染拡大していない頃、3月中旬、主人と二人で上野鈴本へ行きました。その日の客が8人、落語や色ものをやる方々が8人。その日のとりは春風亭一の輔さんで、『よくぞ家族の反対を押し切って聴きに来ていただきました』と笑わせていただきました」(千住関屋町、69歳、女性)
◆「『羅針盤』の休校に対して『話にならない』と一刀両断。私も大賛成です。足立区の子どもと保護者に学習を丸投げしたのは、最悪。孫が小学2、3年ですが、『学校は休校、学習は継続』のスタンスで、コロナ禍を『最大のチャンス』にする取り組みが必要でした。一つは、子どもたちの『家庭学習の力』を伸ばすこと。そのために、学校・担任は子ども一人一人に合った家庭学習の支援をすべきです。二つ目は、保護者の支援。家庭で保護者ができること、やってほしいことなどを区の広報やHP,学校だよりなどで広げてほしい。三つめは、電話相談など、今の条件下でできることをやってほしい。相談員は学校の先生たち。小学校だけで200人くらいいると思います。(南花畑、68歳、男性)