足立朝日

足立区友愛連合会に改名 老人クラブ連合会総会

掲載:2020年8月5日号
 足立区老人クラブ連合会(村上光夫会長、会員=1万2千人)は、7月6日(月)、西新井文化ホールで、2020年度定期総会を開いた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各クラブの代表者約170人が出席した。
 冒頭挨拶に立った村上会長は「高齢者が急増しているのに、老人クラブの加入が減っているのは由々しき事態。区老人クラブ連合会としても、クラブ存続のため会員増強運動に全力を挙げたい」と話した。
 総会では、最後に連合会の名称を、「老人クラブ」から「友愛クラブ連合会」に変更することが提案され、承認された。提案理由は「『老人』というイメージを払拭し、若さを象徴するイメージの中でさらなる仲間づくりや社会奉仕活動を展開したい」というもの。
 9月1日(火)から名称変更になる。承認された役員は次の通り(敬称略、カッコ内はブロック名)。
【会長】村上光夫(北部)
【副会長】野村英夫(千住)、大野利夫(東部)、小嶋勇(中部)、下川英季(西部)
【会計】谷古宇洋子(東部)、宮本泰雄(中部)、中村英子(北部)
【会計監査】倉持利正(千住)、山森利雄(西部)

写真/コロナ対策を万全に開かれた総会=西新井文化ホールで