足立朝日

見る聞く

掲載:2020年9月5日号
●講演会「自分の番 いのちのバトン 父・相田みつをの宇宙観」
 「人間だもの」の一節で有名な詩人・書家 相田みつをの長男で、相田みつを美術館の現館長でもある相田一人氏が、「宇宙という視点から見た人間のいのちについて」 をテーマに講演。みつをの詩をドームに映し出し、プラネタリウムの星空との融合を楽しめる。
【日時】9月6日(日)午後7~8時(6時45分開場)【場所】ギャラクシティ・まるちたいけんドーム(プラネタリウム)【対象・人数】16歳以上対象、定員50人 ※桟敷席の使用不可【料金】無料、当日午後1時~整理券配布(1人3枚まで)【問合せ】TEL5242・8161ギャラクシティ