足立朝日

足立成和信用金庫 「こども食堂応援即売会」賑わう

掲載:2020年11月5日号
 10月15日(木)、足立成和信用金庫(土屋武司理事長)の本木支店で一般社団法人こども食堂支援協議会(鈴木康一理事長)主催の「こども食堂応援即売会」が行われた。このイベントは2回目で、前回は6月15日(月)に同信金本店で開催され大好評だった。
 北足立市場から仕入れた野菜や果物などがズラリと並び、収益金は全額、こども食堂支援金として活用される。今回は秋が旬の茨城産甘柿(6個100円)や、新潟産メロン(600円)、栃木県産長ネギ(100円)などを販売。当日は、年金支給日ということもあり、銀行へ来たついでに買い物をする人たちも多く、「安いわねえ」「すごい新鮮」といった声があちらこちらから聞こえ、約1時間で完売するほど大盛況だった。
 また、区内15社からなる「あだち菓子本舗」のお菓子販売も行われ、満屋(江北7丁目)のようかんと山根製菓(皿沼2丁目)のせんべいが全品300円で販売された。こちらも好評で、売り上げの一部がこども食堂支援金になった。
 同信金の土屋理事長は「今後も、区内にあるウチの店舗で、定期的にこども食堂応援即売会を実施していければ」と話す。

写真上/野菜や果物を買う大勢の客=足立成和信金本木支店で
下/お菓子販売も大人気=同