足立朝日

この本

掲載:2021年1月5日号
★「1日7秒手を伸ばしなさい」高林孝光著/ダイヤモンド社刊/1300円+税
 バレーボールのJOCジュニアオリンピックカップ東京代表トレーナー、車椅子ソフトボール日本代表チーフトレーナーなどを務め、アスリートはじめ身体の痛みに苦しむ患者から絶大な信頼を得ている高林孝光アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長(島根2-30-21、TEL5856・5063)が、2年ぶりに新刊を発行。
 高林院長は、普段の施術を通じて、肩こりや腰痛で来院する患者の大半は、手が縮こまって短くなっていることに気づき、「手を伸ばす健康法」を確立。マッサージや指圧などではアプローチできず、さらに全身にネットワークを広げている筋肉「インナーマッスル」をある方法で緩めることで、慢性的な不調を軽減させてきた。
 同書は、それらを家庭で手軽にできるように工夫された手引書で、難しいことは何もなく、基本は「1日7秒、左右の腕を回す」だけ。さらに、応用編と「腰痛」「肩こり」「ひざ痛」「下腹ぽっこり」など症状別に10項目が続き、自分の不調箇所に合わせてすぐ実践できるようになっている。驚くのは「腰を後ろにそらしやすくする」「腰を前に曲げやすくする」体操の解説。親指1本と腕回しにより、状態が劇的に改善するのはまるでマジックのようだ。
 体操を一通り順番に行うと、自分のどの筋肉が硬く縮こまっているのかを把握できる画期的なお勧めの1冊だ。