足立朝日

足立学園 活躍相次ぐ 書初め展覧会、 選挙ポスターコンクールで受賞

掲載:2021年4月5日号
 足立学園の生徒たちが、文化面で様々な活躍をしている。
 第57回全日本書初め大展覧会(日本武道館主催)で、団体・個人で優秀な成績を収めた。
 毎年、同展覧会には席書大会(席書の部)と公募作品(公募の部)を合わせて、全国各地から1万5000点を超える作品が出品される。今年は新型コロナの影響で、例年1月5日に日本武道館で開催されている席書の部の本選は中止となったが、厳正な審査により各賞が選定。2月21日(日)にホテルグランドパレス(千代田区)で授賞式・展覧会は、開催された。
 足立学園は中村惺さん(高2)が日本武道館奨励賞を受賞、学校全体では優秀団体賞に輝いた。
 中村さんが書いた「紅樹青山日欲斜」「長郊草色緑無涯」は、歐陽脩(北宋)の漢詩「豊楽亭遊春」の一節で「紅い花の咲いている木々や青々と芽吹いた山を染めて、日が傾きかけている」「広々と広がる野原は若草の緑に覆われ、果てしない」の意味。
 受賞のコメントは次の通り。
 「この度は、このような賞をいただけて光栄です。今回の作品は、一文字一文字を丁寧につなげるつもりで書きました。この賞は自分の今までの努力と、ここまで支えてくれた家族や先生方、また部活の仲間たちのおかげだと思っています。今年は受験勉強と共に、さらにいい賞を取れるように努力します」
 同校の生徒は、足立区明るい選挙ポスターコンクール(足立区選挙管理委員会主催)でも力を発揮し、3人が受賞した。
 受賞生徒は次の通り(敬称略)。
▼金賞=税田悠斗(高2)
▼銅賞=柏原颯星(高2)、高橋昂也(高2)
 税田さんは生徒たちの姿に「主役は自分自身だ 選挙へ」の文言を重ね、柏原さんはポップな魔法使いと「魔法の一票で世界を変えよう」、高橋さんは風神雷神の力強いイラストと「いざ選挙」の文字で、投票を呼びかけている。
 また、選挙の啓発事業への貢献に対し、東京都明るい選挙推進協議会と東京都選挙管理委員会から感謝状が贈られた。

写真上/受賞作を背に中村さん
下/左から柏原さん、税田さん、高橋さん=足立学園で