足立朝日

5月21日(土)、29日(日) プールのヤゴ救出大作戦(申込制)

掲載:2022年5月5日号
 プールの大掃除で流されてしまう前に、ヤゴを保護してトンボにしてあげよう!――こんな自然に優しいイベントが、5月21日(土)東綾瀬公園プールで、29日(日)は足立区総合スポーツセンタープールで行われる。新型コロナウイルスの影響で、2020年、2021年と2年連続中止になったため、3年ぶりの開催となるが、感染防止のため、人数限定の申込制になった。
 2019年(令和1年)は、東綾瀬公園プールで行われ、子どもたち、家族連れを中心に過去最高の410人が集まった。主催は、足立区の環境と自然を守る運動をしているNPO団体「エコロジー夢企画」(三井元子代表)。東綾瀬地区少年団体協議会との共催。
 この日は、水深20~50㎝のプールの底に沈んでいる落ち葉の下を網で懸命にすくって、たくさんのヤゴを保護。赤トンボ系のコノシメトンボの小型ヤゴ、シオカラトンボのヤゴが多かったが、今年は、果たしてギンヤンマなどの大型ヤゴがいるか!?
 帰りに、羽化の足場になる木の枝、餌のアカムシ、飼い方を書いた用紙をもらえる。
【日時と場所】①5月21日(土)東綾瀬公園プール、100人まで②5月29日(日)足立区総合スポーツセンタープール、230人まで
ーいずれもー
午前9時半受付開始、10時~スタート、11時半解散(雨天時は雨ガッパ)
【講師】土岐秀則氏(埼玉昆虫懇話会)
【対象】中学生以下と保護者
【持ち物】魚すくい用の網、ヤゴを入れて持ち帰る入れ物、はき替え用の靴と着替え(サンダルは不可)
【参加費】200円(見学者も。保険料・講習料含む)
【問合せ・申込み】Eメール
TEL&FAX3886・6554(TEL090・2905・6754)エコロジー夢企画

写真上/3年前の東綾瀬公園プールでの様子
下/羽化したギンヤンマ