足立朝日

~ニューフェイスの飲食店食べ歩き~ お散歩マップ番外編

掲載:2022年8月5日号
 毎回好評な「お散歩マップ」。今回は「グルメのお店を紹介して!」のご要望に応えて、開店が3年以内の新しい飲食店を3店紹介する番外編。
◆バングラデシュ出身のオーナーシェフが作るイタリア料理
 五反野駅そばに昨年6月にオープンした「SATHIKITCHEN(シャティキッチン)」(足立3-9-7-2階、TEL5888・5656)。バングラデシュ出身のコンドカレエムディサディオラーマン店主(通称コンちゃん)と妻のシャティさんが二人三脚で営むお店だ。
 現在36歳の店主は、16歳のときに来日し、都内の有名イタリアンなどで16年間修行して独立。日本語も堪能で、明るい性格とおいしい料理に早くも地元の人たちの人気を呼んでいる。
 ランチは、季節のスープ、グリーンサラダ、メイン料理1品、パンまたはライス、セットドリンクが付いて980円の「ウィークリーセット」と、それに前菜3種と自家製デザートが付いて1500円の「シャティセット」がある。メイン料理は週替わりで肉料理や魚料理、パスタなど様々。ディナーは、シェフおすすめの「ビーフステーキとフォアグラのロッシーニ(赤ワインソース)」(1580円)を召し上がれ。
★「足立朝日を持参」で8月末までデザートサービス※ディナー限定
【営業時間】午前11時半~午後3時、5時~11時(ラストオーダーは閉店30分前)、月曜定休(祝日の場合は営業)
【交通】五反野駅から徒歩約2分
◆冷やし焼き芋ってご存知ですか?
 今年2月、日暮里・舎人ライナーの江北駅そばにオープンした焼き芋のテイクアウト専門店「さくらゆき」(江北4-2-4、電話は非公開)。焼き芋というと寒い冬に食べるイメージがあるが、同店では温かい焼き芋以外に夏にピッタリの冷たい焼き芋を提供している。
 お店を営む木村さんは、好きな焼き芋が仕事終わりだとなくなっていたことに加えて、スーパーだと味に当たり外れがあるので、必ず甘くておいしい焼き芋が食べられるようにとお店を開いた。
 「冷やし炭火焼きいも」(400円)は、温かい焼き芋よりも甘さを強く感じることができ、一度過熱して冷やすことで生成されるレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が便秘に効果がある、と言われている。食べ応えと甘みに満足できる上にダイエットにも効果的と女性を中心に話題になっている。
 他には、焼き芋から抽出したペーストとミルクをシェイクした飲料「冷やし焼きいもシェイク」(同)、焼き芋をスライスして、かまどでしっとり焼き上げた「焼き星いも」(同)などがある。
 また、店名の由来にもなっている木村さんの愛犬で、日本スピッツの「さくらちゃん」と牡丹雪が由来の「ぼたんちゃん」の2匹のワンちゃんがお店の看板に描かれている。店舗前には、リードを繋げるフックもある。
【営業時間】午前8時~11時、午後4時~7時、土日祝定休
【交通】江北駅から徒歩約2分
◆障害者施設が運営するカフェ
 新西新井公園(通称、タコ公園)の横に約3年前に出来た精神障害者が地域に戻るためのサポートをする施設「OUCHI」(西新井5-18-14、TEL6803・1755)。大内病院の地域づくりプロジェクトの一環として誕生した同施設では、グループホームのほか、就労訓練場所としてお菓子・パン工房とカフェを運営している。
 カフェでは、いずれも600円で月替わりランチ、月替わりパスタ、キーマカレー、ホットサンドの4種類のメニューを食べることができる。中でも人気なのが月替わりランチで、白米をおいしく食べられる身体に優しいメニューが考えられている。8月は、豚肉とトマトのサッパリ煮込みを提供。安全安心おいしくて健康的なメニューに、老若男女幅広い世代の人たちが訪れる。他にも、自家製の食パン(1斤380円)、焼き菓子(180円~)、チョコレート(450円~)も好評。
 目の前が公園ということもあり、散歩がてら立ち寄ってみてはいかが。店内12席、月替わりメニューはインスタグラムでチェック。
★「足立朝日を見た」で8月末まで店内でお食事の方にドリンク1杯サービス
【営業時間】正午~午後4時(食事は2時まで)、土日祝定休
【交通】大師前駅から徒歩約12分、駐車場1台あり

写真上から1/ボリューム満点のランチ「シャティセット」
2/「落ち着いた雰囲気の店内です」とオーナーシェフ
3/竈や瓶でじっくり焼いた
4/バス通りに面した店舗
5/人気の月替わりランチ
6/タコ公園横に建つ施設