足立朝日

足立学園高校運動部の夏が熱い 柔道、剣道、卓球でインハイ出場

掲載:2022年8月5日号
 7月23日(土)~8月23日(火)に四国で行われている全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に、足立学園(千住旭町)の柔道、剣道、卓球部の生徒たちが出場している。卓球部は創部初となる。
<柔道>
 5月21日(土)に行われた第71回全国高校柔道大会(インターハイ)東京都予選会(講道館)の60㎏級で、小野日向くん(3年)が優勝、昨年に続きインターハイ出場を決めた。昨年は見事優勝、2連覇がかかる。
 この東京都予選会では66㎏級の永井希くん(3年)と90㎏級の鏑木克優くん(1年)も、第3位に入賞した。
 小野くんは、国民体育大会の予選でも昨年に続き優勝していて、3大会の出場権を獲得。国体は昨年、先鋒で出場した東京が優勝。こちらも連覇が期待される。
 また、7月10日(日)に行われたJOCジュニアオリンピックカップ兼全日本ジュニア柔道体重別選手権大会の東京都予選で、60㎏級で優勝。9月10日(土)、11日(日)に埼玉県立武道館で行われる大会の出場権を得た。
 全日本ジュニアは大学生も交えた大会で、1学年上の足立学園OB、大学生の宮部くんとも同じ階級で競うことになる。小野くんの昨年の成績は3位。
【小野くんコメント】「去年は都大会も3位、全国大会も3位という結果だったので今年こそは優勝目指して頑張りたいです。 応援よろしくお願いします!」
<卓球>
 卓球部は関東大会出場、全国大会出場と快進撃が続いているが、創部以来初のインターハイ出場を果たした。
 5月14日(土)に行われた東京都高等学校総合体育大会ダブルスの部決勝大会(秋川体育館)において、中山・川野ペアが準優勝、インハイ出場の切符を手にした。
【中山晴くん(2年)コメント】「先生方、コーチ、部活の仲間のおかげで準優勝することができました。インターハイに出られなかった人の分まで戦ってきます」
【川野健児郎くん(1年)コメント】「中山先輩に支えていただき、インターハイ代表になることができてとてもうれしいです」
<剣道>
 剣道部は6月5日(日)に行われた東京都予選(晴海総合高等学校)個人戦の部で、久保陽くん(3年)が準優勝し、インターハイの出場権を獲得した。
 「序盤戦から厳しい戦いの連続が続いたものの、粘り強く勝ちあがっていく姿に精神的な成長を感じた」(顧問コメント)
 団体は、6月18日(土)に行われた団体予選(東京武道館)で第3位になり、惜しくもインハイ出場に手が届かなかった。

写真上/柔道のジュニア大会出場を決めた小野くん
中/卓球部としてインハイ初出場を決めた中山くん・川野くんペア
下/剣道インハイ出場の久保くん