足立朝日

見る聞く

掲載:2022年11月5日号
●石洞美術館「朝鮮のやきもの」
 清らかな美しさで世界を魅了してきた朝鮮の陶磁器。所蔵の陶磁器の中から高麗時代の青磁、朝鮮時代の粉青沙器、白磁を中心に、その前後の時代の陶磁器を展示する。
【日時】11月27日(日)までの午前10時~午後5時(入館は4時半まで)、月曜休館【場所】石洞美術館(千住橋戸町23/京成線「千住大橋駅」徒歩3分【料金】一般500円、学生300円、小学生以下(要引率者)・65歳以上・障碍者手帳所持者無料。【問合せ】TEL3888・7520
●「名曲でめぐる 弦楽四重奏の歴史と魅力」
 11月26日(土)午後6時半~8時(6時開場)、生涯学習センター4階講堂。16才以上対象、定員150人(事前申込先着)、1200円。講師=吉野駿氏(ヴァイオリニスト・指揮者)。演奏=メルヴィル弦楽四重奏団。弦楽四重奏はいつどのように始まり変化してきたのかを、演奏も交えながら講座形式で。申込みは生涯学習センター窓口・電話・インターネット(「近所deまなびナビ」で検索)。申込み・問合せTEL5813・3730
●11月5日(土)・6日(日)東京電機大学学園祭(旭祭)
 午前10時~午後5時(6日は4時まで)。詳細は旭祭実行委員会のHP
【主なプログラム】各研究室・学生団体の展示/ステージイベント/オンライン配信企画/模擬店/こどもの広場/動物ふれあい広場など
【問合せ】asahisai.tdu@gmail.com旭祭実行委員会
【交通】北千住駅東口徒歩1分
●11月6日(日) 千住・人情芸術祭「1DAYパフォーマンス表現街」
 11月6日(日)午後1~5(予定)、千住ほんちょう商店街(雨天の場合は東京藝術大学大学 千住キャンパス)。江戸時代から人々の交流と文化の拠点だった通りで、公募出演者63組とゲスト3組が多様なジャンルの表現を繰り広げる。サンバ、和太鼓、ダンス、演奏、演劇など。藝大キャンパス、足立成和信金駐車場、芸術センター前広場、赤門寺、東武ストア前などがステージに変わる! ゲストアーティスト=Aokid、野村 誠+だじゃれ音楽研究会、原田つむぎ・額田大志。タイムスケジュールなど詳細はhttps://aaa-senju.com/hyogengaiで。問合せTEL6806・1740(午後1~6時、火木除く)、info@aaa-senju.com アートアクセスあだち 音まち千住の縁事務局