足立朝日

掲載:2020年8月5日号
●あだち区民大学塾
 ①「江戸時代が良く判る 『江戸庶民の暮らし』入門」9月12日(土)・19日(土)・24日(木)午後2時~4時、学びピア5階研修室。定員30人(抽選)、1500円(全3回分・初日に支払う)。講師=大沢正明氏(江戸文化歴史検定試験一級)。鎖国の時代、文化の爛熟した元禄・文化・文政に、江戸庶民はお金や時間・暦とどう暮らし楽しんだか。8月21日(金)必着 ②「日本経済入門2020 新型肺炎、米中対立を考える」9月13・20・27日(日曜・全3回)午後2~4時、学びピア5階研修室。定員30人(抽選)、1500円(全3回分・初日に支払う)。講師=柴田寛氏(元農林水産省 課長職)。13日=新型コロナ感染拡大による世界経済・日本経済への影響、20日=米中対立の背景と日本への影響、27日=アベノミクスの現状を分かり易く解説。8月31日(月)必着。申込みは往復ハガキで、住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「江戸庶民の暮らし」または「日本経済入門2020」を明記し、〒120-0034千住5-13-5足立区生涯学習センター内「あだち区民大学塾事務局」まで(連名可)。問合せTEL&FAX5813・3759(平日午後1~5時)