足立朝日

掲載:2018年12月5日号
●東京電機大学「最新の防災対策と自治体、研究機関の取組み」
 12月14日(金)午後3時~5時半、東京電機大学千住キャンパス5号館2階5204教室。定員80人、無料。内容=産学官それぞれにおいての防災、減災への取組や最新の研究で得られた知見などを講演を通じて知り、今後の備えを考えるきっかけにする。①「足立区における防災の取組について」八鍬一夫氏(足立区災害対策課長)②「オープンデータとIoTを組み合わせた災害対応支援アプリケーションの開発」小林亘氏(レジリエントスマートシティ研究所所長)③「首都圏で予想される地震時の地盤災害と対策」安田進氏(同プロジェクト研究教授)。【申込み】https://kokucheese.com/event/index/545983/ 【問合せ】TEL5284・5230東京電機大学