足立朝日

掲載:2020年2月5日号
●あだちTSネット3周年記念講演会「引きこもり~地域の中で私たちができること」
 2月16日(日)午後2時~4時半、シアター1010ギャラリーB(北千住マルイ11階)。あだちTSネットは、障害を持った人たちが地域で暮らし続けるためのネットワークを構築していくための集まり。対象=足立区に何らかの関わりがあり、あだちTSネットの活動に興味のある人。定員150人、無料。講師=藤田孝典氏(NPO法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学客員准教授、反貧困ネットワーク埼玉代表、ブラック企業対策プロジェクト共同代表)。申込み・問合せ(こくちーずプロ
●「老い支度講座~私らしい葬儀~」
 2月29日(土)午後2時~3時半(1時半~受付)、千住あずま住区センター4階。定員50人、無料。講師=結城健司氏(1級葬祭ディレクター/ライフセレモニートラスト)。※台風で中止になった昨年10月12日(第2回目)の振り替え講座。申込み・問合せTEL3881・1691(月~土)地域包括支援センター千寿の郷 宮広・堀
●あだち区民大学塾「平安時代の説話集『今昔物語集』の世界を探る」
 3月6・13日(金曜・全2回)、午後2~4時、学びピア5階研修室。定員50人(抽選)、1000円(全2回分・初日に支払う)。講師=竹石たか枝氏(中世文学会会員)。日本文学史上最大の説話集といわれ、「わらしべ長者」などの昔話と能や歌舞伎の素材でもある今昔物語集を読み解く。申込みは往復ハガキに、住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「今昔物語」を明記して、〒120-0034千住5-13-5足立区生涯学習センター内「あだち区民大学塾事務局」まで申込む(連名可)。2月21日(金)必着。問合せTEL5813・3759(平日午後1~5時)
●区内初!図書館主催 健康・医療情報講演会  「知れば安心 がん情報」
 区内6図書館の共催で、初の健康・医療情報講演会を開催する。がんの専門家・国立がん研究センターの若尾氏が、区内で初講演、がんについての信頼できる情報をわかりやすく解説する。正確で信頼できる情報を得て行動することの大切さについて話が聞けるまたとないチャンス。
 足立区衛生部からがん検診案内、図書館からは「がん情報コーナー」で入手できる役に立つ資料を紹介。
【日時】2月24日(月休)午前10時~正午【場所】学びピア4階講堂【定員・料金】200人(先着)・無料【講師】若尾文彦氏(国立がん研究センターがん対策情報センター長)【内容】▼「知れば安心 がん情報」講演 ▼足立区のがん検診について(衛生部) ▼図書館でがんについて調べるには【申込方法】生涯学習センター(学びピア内)、区内各総合受付で受付中【問合せ】TEL5813・3730区生涯学習センター
●文教大学経営学部主催
学校関係者対象研究会「アクティブ・スクール・マネジメント」
 2021年3月に花畑に東京あだちキャンパスを開設する文教大学。学習指導要領改訂に伴い、高校・大学教育において、その変化に対応する価値観などを共有する必要性に迫られていることから、「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善の推進、受け身ではなく主体的に問題を解決できる人材を育成するための探求の時間の在り方を学ぶ。
【日時】2月22日(土)午後1~5時(予定)【場所】シアター1010視聴覚室(北千住マルイ11階)【定員・料金】50人(先着)・無料【内容】▼基調講演(80分)=「キャリア教育の視点を踏まえた『主体的・対話的で深い学び』と『総合的な探求の時間』の在り方とは」、講師:角田浩子氏(㈱リクルートマーケティングパートナーズ リクルート進学総研キャリアガイダンス編集顧問) ▼討論会(120分) 【案内文・研究会参加申込み】 【問合せ】TEL090・8473・0653、メール:新井立夫
掲載:2020年1月5日号
●人生100年時代の過ごし方「地域とつながる元気のヒケツ」
 1月26日(日)午後1時~3時半、Lソフィア(梅島駅5分)。定員50人(先着)、無料、保育あり(事前申込)。講師=藤原佳典氏(東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム研究部長)。第1部「地域活動と健康寿命の関係」、第2部「地域で活躍する団体の紹介」。問合せTEL3840・2331(火~土・午前9時~午後8時)NPO活動支援センター
●あだち区民大学塾「明治維新と新しい政治~議会のはじまり~」
 2月9日・23日・3月15日(日曜・全3回)、午後2~4時、学びピア5階研修室。定員50人(抽選)、1500円(全3回分・初日に支払う)。講師=三村昌司氏(防衛大学校 人間文化学科 准教授)。1月27日(月)必着。申込みは往復ハガキに、住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「明治維新」を明記して、〒120-0034千住5-13-5足立区生涯学習センター内「あだち区民大学塾事務局」まで申込む(連名可)。問合せTEL5813・3759(平日午後1~5時)
掲載:2019年12月5日号
● あだち俳壇・柴原氏も講演「芭蕉陶像鎮座披露 おくのほそ道旅立ちの地で俳句を語る集い」
 俳聖・松尾芭蕉の陶製の像が、7月から学びピア内の中央図書館入口付近に設置されている。彫刻家・長谷川栄作氏が「正副」2体制作したうちの1体で、「正」は伊賀上野市の俳聖殿にあり、「副」が足立区に寄付された。
 それまで目立たない場所にあったが、「千住と足立のシンボルに!」との活動が実って現在の場所に移動され、併せて「おくのほそ道」行程図と解説板も設けられた。
 それを記念して俳句を語る集いを千住芭蕉翁顕彰会・郷土博物館・足立史談会が共催。「あだち俳壇」選者の柴原保佳氏(日本伝統俳句協会顧問)も講演する。
【日時】12月8日(日)午後1時
【場所】学びピア5階
【料金】無料
【講演】堀川和夫氏(足立史談会会長)、青山丈氏(足立区俳句連盟顧問)、柴原保佳氏(ホトトギス同人)、吉野秀彦氏(炎天寺住職)、小谷武生氏(足立区俳句連盟会長)、学校俳句研究会の先生方
【問合せ】TEL3620・9393足立史談会(郷土博物館内)
●あだち区民大学塾「常識が覆る?『明智光秀』の正体」
 1月19日・26日・2月2日(日曜・全3回)、午後2~4時、Lソフィア3階第一学習室(「梅島駅」徒歩3分)。定員30人(抽選)、1500円(全3回分・初日に支払う)。講師=跡部蛮氏(歴史研究家/博士)。足利義昭・織田信長との関係、本能寺の変の謎とその後など。1月6日(月)必着。申込みは往復ハガキに、住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「明智光秀の正体」を明記して、〒120-0034千住5-13-5足立区生涯学習センター内「あだち区民大学塾事務局」まで申込む(連名可)。問合せTEL5813・3759(平日午後1~5時)