足立朝日

掲載:2022年12月5日号
●第9回「高次脳機能障害サポーター育成研修―5日間で高次脳機能障害者の支え手になる!編―」
 高次脳機能障害者は全国で6万人以上、区内にも4000~5000人いると言われているが、障害の内容や関わり方がわからないという声は多い。少しの理解と支えで、できること・やれることの可能性が広がる。▼講習会(2日制)=1月29日(日)・2月5日(日)午前9時半~午後4時半、竹の塚障がい福祉館第1会議室。1日目/失語症の理解とサポートのコツ、2日目/当事者の声と家族会について、高次脳機能障害の理解と支援 ▼実習=2月6日(月)~3月3日(金)までの2日間、午前9時~午後4時半、ピア・さくら(青井3-8-31) ▼認定証授与式=3月5日(日)午前9時半~正午(会場未定)。研修費5000円(資料代・実習費込/初日に持参)、定員20人(区内在住・在勤者優先)【申込方法】FAXかメールで。詳細は問い合わせを。申込締切12月16日(金)【問合せ】TEL&FAX5888・7669(平日午前9時~午後5時)、adatisakurakai@yahoo.co.jp 高次脳機能障害支援施設「ピア・さくら」担当:渕脇
●あだち区民大学塾「徳川家康と二英傑(信長・秀吉)の謎と真相」
 1月15・22・29日(日曜/全3回)午後2~4時、学びピア4階講堂。定員100人(抽選)、2000円(全3回分、初日に支払う)。講師=跡部蛮氏(歴史研究家/足立区在住)。来年のNHK大河ドラマは「どうする家康」。家康の時代は新説が相次ぎ、これまで常識とされていた通説が見直されている。申込みは往復ハガキかメールで、住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「徳川家康講座」を明記。〒120-0034千住5-13-5足立区生涯学習センター内「あだち区民大学塾事務局」かinfo@gakugaku.main.jpまで(連名可)。12月26日(月)必着 。問合せTEL&FAX5813・3759(平日午後1~5時)
●セミナー「起業・副業・フリーランスに必要な税金と節税対策」
 1月18日(水)午後2時~4時半、あだち産業センター3F交流室(千住1-5-7)。対象=足立区内事業者・副業をしている人、区内で起業・副業を検討している人、足立区内在住。定員25人(先着)。無料。応募方法は電話、産業情報室窓口で。問合せTEL3870・1221、FAX3882・0886あだち産業センター1F産業情報室
掲載:2022年11月5日号
●「Road ONE 区民還元無料ワークショップ」
 11月9日(水)・23(祝水)午後6時半~9時、千住スポーツ公園・ホール。定員各日10人、無料。北辰一刀流の剣術体験稽古(殺陣体験)。申込み・問合せはtakamatsu0206+roadone@gmail.com
●獨協大学連携講座「今『ローカルメディア』が面白い―地域の記憶を記録する―」
 11月23日(水祝)午後2時~3時半、足立区生涯学習センター5階研修室1。16歳以上対象、定員30人(事前申込先着)、800円。講師=岡村圭子氏(獨協大学国際教養学部教授)。ローカルメディアとは何かを知り、実例を見つつ役割を考える。申込みは生涯学習センター窓口・電話・インターネット(「近所deまなびナビ」で検索)。申込み・問合せTEL5813・3730
●あだち区民大学塾
 ①「元NHKアナから学ぶ 話し方の改善とミニトレ」12月1・8・15日(木/全3回)午後2~4時、学びピア5階研修室1。定員50人(抽選)、2000円(全3回分、初日に支払う)。講師=岡部晃彦氏(NHK放送研修センター・日本語センター専門委員)。話し方の「分かりやすさ・優しさ・正しさ」の要点を楽しいミニトレーニングを交えながら伝授。11月17日(木)必着 ②「真に!魅惑的な日本文化 水墨画・円空仏・詩吟」12月3・10・17日(土/全3回)午後2~4時、学びピア5階研修室1。定員50人、2000円。講師=鬼島康宏氏(元文化庁総務課長)。日本文化の中から特異な平面芸術の水墨画、立体美術の円空仏、音声文化の詩吟を取り上げる。11月18日(金)必着 。①②ともに申込みは往復ハガキかメールで、住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「話し方の改善」か「日本文化」を明記。〒120-0034千住5-13-5足立区生涯学習センター内「あだち区民大学塾事務局」かinfo@gakugaku.main.jpまで(連名可)。問合せTEL&FAX5813・3759(平日午後1~5時)