足立朝日

掲載:2018年4月5日号
●手づくりのやきもの陶芸工房「穂多里」の作品展
 4月5日(木)~9日(月)午前10時~午後4時(初日正午~、最終日~午後2時)、都市農業公園内会議室。問合せTEL3854・2951高橋・やきもの穂多里
●10月から国立西洋美術館で開催「ルーベンス展―バロックの誕生」
 今年10月16日(火)~来年1月20日(日)に国立西洋美術館で開催される「ルーベンス展―バロックの誕生」(主催=国立西洋美術館、TBS、朝日新聞)の記者発表会が、3月29日(木)、ベルギー大使館で開かれた。
 17世紀前半に活躍し、次世代の画家たちに多大な影響を与えたルーベンス。これまでの日本での主な展覧会は彼が生まれ育ったネーデルラント(現ベルギー)に焦点を当てたものだったが、今回は8年間滞在しルネサンスの画家として活躍したイタリアに焦点を当てた初の試みとなる。
 またルーベンスがアニメ「フランダースの犬」の最終回に登場する聖母大聖堂の祭壇画の作者であることから、ネロとパトラッシュが広報大使を務めることが発表された。
● 東京電機大学同窓会 特別講演会 元NHKアナウンサー三宅民夫氏
 4月21日(土)午後1時~2時半(開場は正午)、東京電機大学東京千住キャンパス丹羽ホール (1号館2階)。講師=三宅民夫氏(元NHKアナウンサー)、演題=「伝えたい!明日を生き抜く言葉のチカラ」~アナウンサー人生で学んだこと~。定員300人(先着)、参加費無料。《講師プロフィール》1952年(昭和27年)愛知県生まれ。1975年(昭和50年)NHK入局。盛岡、京都放送局を経て、1985年(昭和60年)東京アナウンス室へ異動。「おはよう日本」「紅白歌合戦」「北京五輪開会式」など、看板番組を次々と担当。東日本大震災特番のキャスターも務めた。昨年65歳となりフリーに。著書に「言葉のチカラ」(NHK出版電子版)。問合せTEL5284・5140東京電機大学校友会事務局
●4月6日(金) 丸の内「三菱一号館美術館」8周年記念イベント開催
 4月6日(金)、「ルドン―秘密の花園」を開催中の同館が、開館8周年の記念イベントを開催する。①8・88・888番目の入館者に丸の内はちみつプレゼント ②来館者全員にオリジナル付箋プレゼント ③一号館広場で音楽生演奏(雨天中止有) ④Cafe1894で「8みつラテ」販売。
掲載:2018年3月5日号
●「荒川今昔写真館」
 3月5日(月)・6日(火)・9日(金)、10日(土)・11日(日)午前10時~午後4時(5日は午後2時から、11日は午後2時まで)、区役所1階区民ロビー。無料。足立の荒川の昔懐かしい写真を展示。問合せTEL5813・3753荒川ビジターセンター
●2018年 第29回「春のふれあいコンサート」
 4月8日(日)午後0時半(正午開場)、西新井文化ホール。入場無料。28団体による合唱のコンサート。この日のために結成された「春のふれあい合唱団」がフィナーレを飾る。問合せTEL3886・9720、TEL090・9208・2625坂口、tsano@abeam.ocn.ne.jp佐野
●六町ミュージアムフローラ 「美術館に憩う 日本の美四季春の企画展」
 松尾敏男、中島千波、堂本元次、大山忠作、宮下寿紀、伊藤小坡、川合玉堂、横山大観、狩野芳崖、梅原龍三郎、岸田劉生、他。
【日時】3月1日(木)~4月28日(土)午前11時~午後5時(入館は閉館30分前まで)、日曜・月曜休館【場所】六町ミュージアムフローラ(TX「六町駅」A1出口徒歩3分)【料金】大人300円、学生・生徒200円、小学生以下無料(保護者同伴)【問合せ】TEL3885・7333六町ミュージアムフローラ
●まるちたいけんドーム 特別プログラム「星空とともに」 あの震災の日の記憶を風化させないために…
 2011年3月11日、仙台のまちは全ての光りが消え、見たことのないような満天の星が輝いていたと言われている。地震発生の午後2時46分から日没、翌朝の日の出までを再現したプラネタリウム番組を仙台市天文台が独自に制作。スクリーンに投影しながら、16人の被災者による星空にまつわる言葉を天文台職員が朗読し紹介する。
【日時】①3月7日(水)午後7時半 ②3月9日(金)~11日(日)午後5時(投影は約40分)
【対象・申込み方法】①18歳以上対象、午後6時~1階総合受付で整理券配布 ②誰でも可、午前9時~1階総合受付で整理券配布
【料金】無料
【問合せ】TEL5242・8161ギャラクシティ